ニュース
» 2015年10月29日 13時19分 公開

服にプリントすれば筋電・心電センサーに 東大、高性能な「導電性インク」を開発

「界面活性剤」の量が決め手に。

[太田智美,ねとらぼ]

 10月22〜25日に日本科学未来館で開催されたデジタルコンテンツEXPOで、布地にもプリントできる高性能な「導電性インク」が展示された。このインクは導電性・耐久性に優れ、筋電センサーなどにも実用性があるとしている。


導電性インク

導電性インク 布地にプリントすれば筋電センサーにも

導電性インク

導電性インク センサーがアプリと連動して体動などの数値を見ることができる

導電性インク

 例えば、スポーツウェアなどの伸縮性のある素材にプリントし、3倍以上伸張させるとする。その場合、従来の導体インクであれば導電性を維持することが難しかったり伸張にインクが耐えられなくなったりしたが、この導電性インクは違う。3倍以上伸張させても導電性は十分維持され、耐久性も高い。また何度も重ねてプリントする必要はなく、1度プリントするだけでOKという容易さも魅力だ。一体どのような仕組みなのか。


導電性インク

 実は、このインクのミソは界面活性剤を多く混ぜたこと。本来、界面活性剤はゴムと銀を馴染ませるために用いられるが、導電性インクに界面活性剤を混ぜることで高い導電性と伸張性を得ることができたという。


導電性インク 布地に回路をプリント

導電性インク 指で軽く押さえると、LEDが光る

 開発者は、東京大学工学系研究科博士課程2年生の松久直司さん。布地に簡単に生体情報センサーをプリントできれば、スポーツや医療分野にも応用できるとして研究・開発を進めている。「検査のときにわざわざ機械的な何かを身体に取り付けるのって嫌じゃないですか。これがあればもうその必要はない」(松久さん)。


導電性インク 東京大学工学系研究科 博士課程2年 松久直司さん

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」