ニュース
» 2015年10月29日 21時00分 公開

これは昭和へのあり地獄……「コンクリート・レボルティオ」が一周した昭和感ねとらぼレビュー

昭和チックなタイトルが並ぶ2015年の秋アニメの中でも違和のある昭和感。それがコンレボだ!

[ADAKEN,ねとらぼ]

 2015年の秋アニメといえば、「おそ松さん」や「ルパン三世」「ヤング・ブラックジャック」など昭和チックなタイトルが話題を集めていますが、「コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜」も昭和と似通った世界ながら全般的にどこか違和のある内容が昭和好きをうならせています。

「コンクリート・レボルティオ」公式サイトより 「コンクリート・レボルティオ」公式サイトより。KADOKAWA ヤングエースでコミカライズも連載中

 「カウボーイビバップ 天国の扉」や「鋼の錬金術師」などを手掛けたボンズと、特撮モノの脚本で定評のある會川昇によるオリジナル作品。監督は「機動戦士ガンダム00」「楽園追放」の水島精二(木下誠一じゃないよ)さんです。

コンレボはYouTubeでの本編無料配信も

 「神化」という架空の元号の「もうひとつの日本」を舞台に、超人たちの供宴を描いた同作。ウルトラマンのような怪獣と戦う巨大スーパーヒーロー、狂気の科学者によりサイボーグに改造されたスーパー刑事、どこかの星からやってきた謎の魔女っ子や、何年たっても大人にならないオバケのQ太郎をイメージさせるようなやつまで実に雑多な超人が大集合。昭和40年代に造詣のある世代なら「あー、なんかこんなのいたような」と半分だまされた気にさせられるでしょう。

物語のヒロイン、キッコこと星野輝子。宇宙の星から来たらしい魔女っ子 物語のヒロイン、キッコこと星野輝子。宇宙の星から来たらしい魔女っ子
異星人と戦う巨大スーパーヒーローのグロスオーゲン。彼も意外な悩みを 異星人と戦う巨大スーパーヒーローのグロスオーゲン。彼も意外な悩みを

 そんな昭和の感じは街並みや小物などにもみられます。走る電車は黄色い101系だったり、主人公が運転するトヨタ2000GTっぽいクルマにはコンピューターが搭載されていますが、情報出力は懐かしのパンチカード。「こんな状況で読めるわけないだろ!」とつぶやくセリフ、いやあよくぞ言ってくれたと思わずにいられません。

主人公・爾朗が運転するスポーツカーは鉄の馬? へと変形する 主人公・爾朗が運転するスポーツカーは鉄の馬? へと変形する

 街並みに目を移すと、渋谷の五島プラネタリウム(現在ヒカリエになっている場所にあった建物)や、桜田門前の旧警視庁庁舎、銀座のデパートには昔懐かしいアドバルーンが上がっていたり。昭和40年代でいうところのサイケな色使いが随所に散りばめられ、逆に未来感すら漂わせます。

 そんな時代背景で繰り広げれられるストーリーは意外とシビア。平和を守る超人は世間から人気を集める一方で、超人ならではの悩みも。いたずら好きの愉快なオバケの風郎太は、ある出来事を通じてこんなことをつぶやきます。あのころのヒーローは彼らなりの問題を抱えていた、そんな彼らの裏側が垣間見えます。

あのころは簡単だった。悪いもんがいてイイもんの超人がそれを倒して正義の味方でいられた。いつからこんなややこしいことになったんだ? イイもんと悪いもんの区別がつかない(世の中に)

 昭和の特撮やアニメで描かれた超人へのオマージュが詰め込まれ、「なぜそこにベストを尽くしたのか」と思わせる個所へのこだわりはまさに昭和へのあり地獄。しかしどこにもなかった昭和の世界がそこに広がります。

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」