ニュース
» 2015年10月28日 11時00分 公開

「ただしイケメンに限る」の時代は終わった! 俺たちのための「ポチャメン」専門ファッション誌「Mr.Babe」倉科編集長インタビュー(1/3 ページ)

「デブの気持ちが分かるデブの僕が作るべきだと思った」

[たろちん,ねとらぼ]

 せっかく気に入る洋服を見つけても「どうせ太っているから似合わない」「ただしイケメンに限る」と諦めてしまっている人は多いのではないでしょうか。そんな人たちのための「ポッチャリメンズ」専門ファッション誌「Mr.Babe」が10月25日に創刊しました(関連記事)。

Mr.Babe ポッチャリメンズ専門ファッション誌「Mr.Babe」

 ちょうどぽっこりお腹が気になってくるアラサーから40代に向けたファッション&ライフスタイルマガジン。誌面に登場するのは国内外で活躍するタレントからモデルまですべて「わがままボディ」のポチャメンばかり。これまでのファッション誌ではまず登場することのなかったポチャメンたちが、イケメンモデルのようにクールな着こなしを披露しています。これはまさに俺たちのための雑誌……!

 この雑誌を立ち上げたのは「ガイアが俺にもっと輝けと囁いてる」などのキャッチコピーでおなじみの「MEN'S KNUCKLE(メンズナックル)」初代編集長・倉科典仁さん。お兄系雑誌からポッチャリ雑誌という真逆の雑誌に舵を切ったきっかけは一体なんだったのか、お話をうかがいました。

僕がデブだからずっとこういう雑誌が欲しかった

――そもそもどうして「ポッチャリ男性向けファッション誌」という発想が生まれたんですか?

倉科 やっぱり僕がデブだからですよね(笑)。デブ歴25年以上やってると、自分が着る服を選ぶ中にいろいろなストレスを感じるんです。だから「ポチャメン向けのファッション誌があったらいいな」というのは5年前くらいから思っていました。

倉科典仁 倉科編集長

――どうして今までなかったんでしょう。

倉科 それは僕も不思議なくらいです。他社さんから出ていてもおかしくなかった。ただ、こういう企画を出すとやっぱり「ポッチャリ男性向けなんて需要があるのか」と言われちゃいますし、ブランドさんに説明して理解してもらうのも大変なんですね。それで去年「メンズナックル」の編集長を交代したときに、「誰もやらないならデブの気持ちが分かる僕が作るべきだろう」と思って準備を始めました。

――確かに同じ体型、同じ悩みを持つ人が作ったほうが説得力が出ますね。シュッとしたイケメンに「ポッチャリ向け雑誌作ったぞ」と言われてもムッとするかもしれません(笑)。

倉科 「Mr.Babe」にはやせてるスタッフもいるんですけど、そういう人の考えた企画って「120キロのデブを5人集めてみましょう」とかやっぱりデブをちょっと小ばかにした企画になっちゃうんですよね。俺らは見世物じゃない、マジメにやってるんだと(笑)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響