ニュース
» 2015年10月30日 17時38分 公開

JR姫新線のワンマン列車、無人駅を誤って通過 原因は「運転士が一時的に停車駅であることを失念した」

乗れなかった2人はタクシーで目的駅まで配送して対応したそうです。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 10月29日の午前9時16分ごろ、JR西日本・姫新線のワンマン普通列車が停車するはずの無人駅の西勝間田駅(にしかつまだえき、岡山県勝田郡)を誤って通過してしまうトラブルが発生しました。原因は、運転士の52歳男性が一時的に停車駅であることを忘れていたため。JR西日本は「ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪しています。

姫新線 西勝間田駅のホーム(Googleマップより)

姫新線 「列車が停車駅を通過した事象について」と謝罪文をリリースするJR西日本

 停車の失念が起こったのは、佐用駅8時32分発・津山駅9時31分着のワンマン運転普通列車1両編成。運転士は次駅である美作大崎駅に停車した際に、予定時刻よりも早い到着に違和感を覚え、西勝間田駅を通過してしまったことに気付きました。

 西勝間田駅で列車を待っていた利用客は2人。列車が通過したため管轄(かんかつ)の有人駅である津山駅へ苦情の電話を入れました。津山駅側はタクシーを手配し、2人を目的駅の津山駅まで送って対応。通過した列車は運転士を交代せずに運行を続け、列車の遅れなどは発生しませんでした。乗客は約20人で、特にケガもなかったとのこと。

姫新線姫新線 西勝間田駅のホームと、10月29日の津山方面ダイヤ

 西勝間田駅は田山に囲まれた、単式1面1線のホームを持つ無人の地上駅。津山方面は平日に1日普通列車が7本、快速列車が1本通り、今回通過したあと次に来る列車は約2時間30分後でした。JR西日本・岡山支社の広報担当者は謝罪とともに、「今回の件を受け止め教育を徹底し、再発防止に努めます」とコメントしています。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響