ニュース
» 2015年10月30日 17時38分 公開

JR姫新線のワンマン列車、無人駅を誤って通過 原因は「運転士が一時的に停車駅であることを失念した」

乗れなかった2人はタクシーで目的駅まで配送して対応したそうです。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 10月29日の午前9時16分ごろ、JR西日本・姫新線のワンマン普通列車が停車するはずの無人駅の西勝間田駅(にしかつまだえき、岡山県勝田郡)を誤って通過してしまうトラブルが発生しました。原因は、運転士の52歳男性が一時的に停車駅であることを忘れていたため。JR西日本は「ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪しています。

姫新線 西勝間田駅のホーム(Googleマップより)

姫新線 「列車が停車駅を通過した事象について」と謝罪文をリリースするJR西日本

 停車の失念が起こったのは、佐用駅8時32分発・津山駅9時31分着のワンマン運転普通列車1両編成。運転士は次駅である美作大崎駅に停車した際に、予定時刻よりも早い到着に違和感を覚え、西勝間田駅を通過してしまったことに気付きました。

 西勝間田駅で列車を待っていた利用客は2人。列車が通過したため管轄(かんかつ)の有人駅である津山駅へ苦情の電話を入れました。津山駅側はタクシーを手配し、2人を目的駅の津山駅まで送って対応。通過した列車は運転士を交代せずに運行を続け、列車の遅れなどは発生しませんでした。乗客は約20人で、特にケガもなかったとのこと。

姫新線姫新線 西勝間田駅のホームと、10月29日の津山方面ダイヤ

 西勝間田駅は田山に囲まれた、単式1面1線のホームを持つ無人の地上駅。津山方面は平日に1日普通列車が7本、快速列車が1本通り、今回通過したあと次に来る列車は約2時間30分後でした。JR西日本・岡山支社の広報担当者は謝罪とともに、「今回の件を受け止め教育を徹底し、再発防止に努めます」とコメントしています。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」