ニュース
» 2015年11月10日 11時22分 公開

「日本女子学生の13%が援助交際を経験」国連報告者の発言 外務省が撤回と客観的データを要求

日本の児童買春などを調査しに来た国連特別報告者の発言。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 日本の児童買春などの状況を調査しに来日した国連の特別報告者が「(日本の)女子学生の13%が援助交際を経験している」と発言したことについて、11月2日に外務省は抗議し、13%という数値の情報源と根拠を開示すべきと申し入れました

援助交際 外務省発表の「児童売買,児童買春及び児童ポルノ国連特別報告者に対する申し入れ」

 発言は、10月19日から来日していたマオド・ド・ブーア・ブキッキオ氏が最終日の26日に記者会見で口にしたもの。マオド氏は国連の人権理事会が任命した「児童売買,児童買春及び児童ポルノに関する特別報告者」で、世界中の児童の売買・売春・ポルノについて調査し、国連総会と人権委員会に状況を報告しています。日本でも調査を行い記者会見で「……例えば例としては援助交際があります。これは女子学生の13%は現在『援交』をやっているというふうにも言われているわけで……」と発言しました。

援助交際 国連人権理事会公式サイトが公開した、訪日調査についてのリリース

 13%の根拠を示すべきという外務省の抗議に対し、報告者側の人権高等弁務官事務所(OHCHR)は11月2日に書面で釈明。訪日中に公式な数値を受領したことないものの、13%という数字は“公開情報から見つけた概算”であり、同件が緊急に対応すべきである点を強調するために言及した、と発表しました。

 外務省は7日、OHCHRへあらためて抗議と発言撤回を要求。書面では13%の情報源と根拠が明らかにされていないため説明にまったく説得力がなく、例の発言は「不適当かつ極めて遺憾だ」と表明しました。国連の肩書を持つ人が発言すると、事実であるような誤解を生むため影響は深刻。さらには情報源を明らかにできない情報を「緊急に対応すべき」だからと引用し、記者会見や報告書で例に挙げてしまう考えは「到底受け入れられない」とし、発言の撤回と、2016年3月に人権理事会に提出する報告書では客観的データに基づく内容にすることを求めました。

 OHCHRは日本側の申し入れを特別報告者本人に伝え、対応するよう要請したとのこと。外務省はこの件について引き続き、発言撤回と客観的データに基づく報告書の作成を強く要求していくと述べています。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」