ニュース
» 2015年11月11日 08時00分 公開

“火をもって火を制する”山火事対策ドローンをアメリカの大学が開発

発想の勝利。

[高城歩,ねとらぼ]

 米ネブラスカ大学リンカーン校(UNL)の研究チームが、あらかじめ野焼きをしておくことにより山火事が起きた際に燃え広がらないようにする山火事対策用ドローンを開発しました。


山火事対策用ドローン ネブラスカ大学リンカーン校(UNL)のプレスリリースより

 今回開発されたドローンには過マンガン酸カリウム粉末が入ったボールが搭載されており、ボールの落下寸前に液体グリコールをボールに注入することで、化学反応により落下地点で火種を作り出して計画的に放火することができます。対象物を計画的に燃やしておくことで、火の延焼を抑えるのだとか。火をもって火を制するとはまさにこのことでしょう。このような計画的な野焼きは山火事対策のほか、外来種対策としても効果的とされています。


山火事対策用ドローン ボールを落下させて目標物を燃やしていきます

 また、安全のため、あまりにも高温の地帯や強風の場所には近づかないようにプログラミングされています。実際に平原で行われた試作機のテスト飛行では見事効果が得られたそうです。今後は支援を募って改良を進めていくとのこと。

 昨今、北アメリカ大陸の中西部に広がる大平原(グレートプレーンズ)や他の地域では頻繁に山火事が発生しているそうです。コストそして人的にも最小限のリスクで山火事を防ぐことが可能というこのドローン。今後のさらなる研究開発と活用が期待されます。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる