ニュース
» 2015年11月12日 08時30分 公開

これなら半永久的に残せるぞー! ツイートを古代ペルシアの楔形文字に訳して粘土板に刻みこんでくれるサービスが登場

黒歴史を刻む(物理)

[高城歩,ねとらぼ]

 Twitterに投稿した“どうしても残しておきたいツイート”を古代ペルシアの楔形文字に訳して粘土板に刻みこんでくれるオンラインサービス「Dumb Cuneiform」が登場です。



 これは140字までのテキストを専用フォームに送ると、その内容を古代ペルシャの楔形文字に訳したうえで、粘土板に刻み込んで送付してくれるサービス。上質な粘土を用い、楔形文字を刻みこんだ後に乾燥させてからしっかりと焼いて固めるため半永久的に残せるのだとか。しかも全て手作業。オンラインサービスとはいえ本格的です。

 ちなみに価格は一個につき20ドル(送料別途:日本までは1200円)。発注すると1〜2週間程度で発送されるとのこと。


画像 くだらないツイートも歴史的価値がありそうに見えてくる

 なお、古代ペルシアの楔形文字への変換は「翻訳」ではなく「翻字」。つまり実際の発音に関係なく、字母から字母へ機械的に対応させていく方法です。現在のところ英語以外の対応言語は公式サイトに記載がないため不明となっています。

 どんなにくだらないツイートも楔形文字となって粘土板に刻み込まれると、なんだか歴史的価値があるように思えてくるから不思議。リアルに黒歴史を刻むもよし、後世に語り継ぎたい名文を残すもよし。もしかしたら未来人が解読してくれるかも……。不確かな情報の海に投げ込んだ文字列を形に残すだなんてロマンじゃないですか。


高城歩


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」