ニュース
» 2015年11月22日 13時00分 公開

閲覧注意:虫を食べるお祭り「東京虫くいフェスティバル」、今年も開催するぞおおおお!!!

さあ、今年こそ、勇気を出して行ってみよう!

[浅井由起子/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 ニッポンはグルメ大国だ。和洋中などオチャノコサイサイ、そればかりか想像もつかないような国々の料理も食べられる。パスポートを持たずしてグルメ世界一周も不可能ではないかもしれない。

 そんな日本で味わえる食べ物の中でも特に刺激たっぷりのグルメ(?)イベント「東京虫くいフェスティバル」が、11月23日に東京都港区で開催される。


画像

 それは野菜でも肉でもない食材、そう「虫」だ。「罰ゲーム?」と思うなかれ、この「東京虫くいフェスティバル」に集う参加者は“おいしい虫”を愛してやまない愛好家ばかり。肉や野菜といった食材と分け隔てなく愛しているらしいのだ。

 第6回となるフェスティバルでは、日本で唯一の昆虫料理研究家・内山昭一氏が作り出す「昆虫食」を存分に堪能できるほか、日本各地の昆虫食レシピを味わうことができる。さぁ、どの虫から食べようか! 蟻のプチプチと潰れる食感、コオロギの足が歯の隙間に挟まるほどのカリッと感は、ソッチ側の通にはたまらないだろう。ちなみに天然もののセミの幼虫はオススメらしい。

 ところで、筆者の知人に、罰ゲームで中国の屋台で販売されているセミの素揚げを食べたことのある者がいる。どんな味だったか感想を聞くと、

「か、噛んだ瞬間はパリッとして香ばしくいい食感なんですが……うっ……その後ソーセージの皮が弾けるようなパチッという音とともに、中からーーーーーぅああああああああああーーーーー中からぁぁぁーーーーーク、クリーミーな何かがドピュッと出てきたんですうわあああああああああああ」

とのことだ。なるほど。


画像 昆虫料理研究家・内山昭一氏

画像 セミの幼虫を使った料理

 そのほかにも、大学教授・昆虫料理研究家・虫食いライターといったその道のエキスパートが参加。彼らの昆虫料理に対する熱いトークを聞けば、昆虫料理への関心も深まることだろう。「昆虫料理なんてありえない」という人、百聞は一見に如かずのことわざに倣い、一度その世界を体験してみるといい。案外ハマっちゃうかもしれない。

「東京虫くいフェスティバル!Vol.6」

開催日時:2015年11月23日(月・祝)15時30分〜20時(開場15時)

会場:SHIBAURA HOUSE (東京都港区芝浦3-15-4)

料金:3500円


(浅井由起子/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」