ニュース
» 2015年11月23日 18時15分 公開

そろそろ誰かに怒られそうな「第66回裏紅白歌合戦」出場メンバー発表! 今年も目が離せない布陣

毎年恒例です。

[ねとらぼ]

 毎年恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」の出場メンバーが今年も発表されました。もうこんな季節なんですね(しみじみ)。総合司会は上重聡アナ(日テレ)、司会は白組が山本耕史、紅組が熊切あさ美、応援団長は白組が小峠英二(バイきんぐ)と紅組がmisonoでお送りするというワイドショー的に押さえにきた布陣となっています。どこかから怒られないか心配です。

裏紅白 今年はどこかで見たようなロゴマークが……

 毎回、世間を騒がせたメンバーおよびお約束な人たちで賑わっており、ちょっとここで説明するのが面倒そうな名前も。今年もタモリ「ウキウキWatching」で幕を開けるのですが、次がいきなりきゃりーぱみゅぱみゅ「ドラゴンナイト」……。詳しい説明は省きますが、確かに話題になるでしょうね。全体的に見ると、浜田ばみゅばみゅ「なんでやねんねん」や佐藤大樹(クマムシ)「あったかいんだから」など、どちらかというとお笑い寄りな傾向のようです。

 幕間にはこちらも恒例のスペシャルスポーツ対決コーナー「ガチ相撲裏紅白場所 2015」を前後編に分けて開催。「やまもといちろう対マックスむらい」「小西ひろゆき議員対佐藤正久議員」などハラハラする取り組みの中に、「白鵬対舞の海」なんて名前も。「すしざんまい社長」による3連戦も気になります。

裏紅白 触れづらいのはいつもどおり

 審査員やスタッフに至るまで、今年を象徴する名前が並び最後まで気が抜けません。ラジオ実況に天龍源一郎、製作物すべてをTOKIOが手がけるあたりはほっこりしますが……。

 「裏紅白歌合戦」は、その年に話題になった著名人を「NHK紅白歌合戦」風に並べる毎年恒例の妄想遊び。本家「NHK紅白歌合戦」とは一切関係ありませんのでくれぐれもご注意ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」