ニュース
» 2015年11月23日 18時15分 公開

そろそろ誰かに怒られそうな「第66回裏紅白歌合戦」出場メンバー発表! 今年も目が離せない布陣

毎年恒例です。

[ねとらぼ]

 毎年恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」の出場メンバーが今年も発表されました。もうこんな季節なんですね(しみじみ)。総合司会は上重聡アナ(日テレ)、司会は白組が山本耕史、紅組が熊切あさ美、応援団長は白組が小峠英二(バイきんぐ)と紅組がmisonoでお送りするというワイドショー的に押さえにきた布陣となっています。どこかから怒られないか心配です。

裏紅白 今年はどこかで見たようなロゴマークが……

 毎回、世間を騒がせたメンバーおよびお約束な人たちで賑わっており、ちょっとここで説明するのが面倒そうな名前も。今年もタモリ「ウキウキWatching」で幕を開けるのですが、次がいきなりきゃりーぱみゅぱみゅ「ドラゴンナイト」……。詳しい説明は省きますが、確かに話題になるでしょうね。全体的に見ると、浜田ばみゅばみゅ「なんでやねんねん」や佐藤大樹(クマムシ)「あったかいんだから」など、どちらかというとお笑い寄りな傾向のようです。

 幕間にはこちらも恒例のスペシャルスポーツ対決コーナー「ガチ相撲裏紅白場所 2015」を前後編に分けて開催。「やまもといちろう対マックスむらい」「小西ひろゆき議員対佐藤正久議員」などハラハラする取り組みの中に、「白鵬対舞の海」なんて名前も。「すしざんまい社長」による3連戦も気になります。

裏紅白 触れづらいのはいつもどおり

 審査員やスタッフに至るまで、今年を象徴する名前が並び最後まで気が抜けません。ラジオ実況に天龍源一郎、製作物すべてをTOKIOが手がけるあたりはほっこりしますが……。

 「裏紅白歌合戦」は、その年に話題になった著名人を「NHK紅白歌合戦」風に並べる毎年恒例の妄想遊び。本家「NHK紅白歌合戦」とは一切関係ありませんのでくれぐれもご注意ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む