ニュース
» 2015年11月27日 16時43分 公開

「ロード時間のイライラ」解消に大きな進展? ナムコが持っていた「ロード画面でミニゲーム」特許権がようやく消滅

今後はロード中にミニゲームで遊べるゲームが増えるかも!

[ねとらぼ]

 旧ナムコ(現在はバンダイナムコゲームス)が持っていた、「ゲームのロード時間中にミニゲームで遊べる特許」が今年で消滅することが分かり、話題になっています。今後はもしかすると、ロード中にミニゲームが遊べる作品が増えるかもしれません。

 特許の有効期間は出願から20年間。日本では昨年12月にすでに消滅しており、アメリカでも本日11月27日がまさに「20年目」。これにより、今後はナムコ(バンダイナムコゲームス)以外のメーカーでも、自由に「ロード時間中のミニゲーム」を挿入できるようになるとみられています。な、長かった……!


ゲームのロード時間中にミニゲームで遊べる特許 ゲームプログラムおよびデータの読込み方法、ならびにこれを用いたゲーム装置(日本/1994年12月2日出願/特許情報プラットフォームより

ゲームのロード時間中にミニゲームで遊べる特許 Recording medium, method of loading games program code means, and games machine(アメリカ/1995年11月27日出願/Google特許検索より

 もともとはプレイステーション初期の「リッジレーサー」(ロード画面中に「ギャラクシアン」で遊べた)などで注目を集めた技術。ロード時間のイライラを解消する画期的アイデアとして期待されたのですが、いざフタを空けてみるとナムコがバッチリ特許を出願しており、結局ナムコ以外のメーカーは自由には使えず、ロード時間イライラ問題の根本的解消には至りませんでした。


「リッジレーサー」のロード中に遊べた「ギャラクシアン」−−
ゲームのロード時間中にミニゲームで遊べる特許 「リッジレーサー」のロード中に遊べた「ギャラクシアン」

 最近はスマホゲームなども大容量のものが増えてきて、ロード時間でイライラする機会がまた増えてきているような気も。特許消滅により、このイライラが少しでも解消されれば……と願わずにはいられません。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」