ニュース
» 2015年11月30日 19時45分 公開

ベルギー人のネコ好きは本物(確信) ブリュッセル市内の観光施設再開のお知らせPR動画がまたしてもネコ祭り

「ブリュッセル封鎖」からのネコブームはまだまだ続く!

[高城歩,ねとらぼ]

 パリ同時多発テロを受け、警戒状態となったベルギーの首都ブリュッセル。警察当局からSNS上での情報投稿自粛を求める呼びかけに、市民がなぜかネコの画像を投稿しまくるというムーブメントが起きた(関連記事)ことも記憶に新しいですね。今月27日にはブリュッセルの警戒レベルがベルギーの他の地域と同じレベルに戻り、市内の美術館・博物館も徐々に再開しているのですが、そのPR動画もまたネコ祭りの様相です。

Comment chat va à Bruxelles? #BrusselsLockdown

 ベルギー政府観光局が制作したPR動画はやはりネコちゃんが主役! 山高帽をかぶったネコたちがブリュッセルの中心地にある大広場「グラン=プラス」の前で太鼓を叩くシーンや、空に大量のネコが浮かんでいる場面など、少しばかりシュールな雰囲気です。おそらくベルギーの画家のルネ・マグリットの影響でしょう。マグリットの絵画でモチーフとなっている「青りんご」のお面をつけた市民たちの姿も印象的。約20秒の動画ですが、ツボにハマればやみつきになりそう。


ベルギーネコ さっそくネコだ!

ベルギーネコ 「グラン=プラス」前にずらりネコ

ベルギーネコ ネコタワー

ベルギーネコ 親方! 空からネコちゃんが!

ベルギーネコ 市民も参加。マグリットの絵画の再現ですね

 観光局の公式サイトではすでに開館している博物館、美術館のリストも公開中。12月3日までにはほぼすべての観光スポットが通常営業に。なお、クリスマスマーケットも実施されており、市内は徐々に平穏を取り戻しつつあるようです。

 それにしても「ブリュッセル閉鎖」から始まった怒涛(どとう)のネコ祭り。政府までもが波に乗るとは……。ちなみにベルギーにはイーペルという町で本当に「猫祭り」という行事があります。ベルギーの人々のネコ好きは本物だったんだ!

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声