ニュース
» 2015年11月30日 19時45分 公開

ベルギー人のネコ好きは本物(確信) ブリュッセル市内の観光施設再開のお知らせPR動画がまたしてもネコ祭り

「ブリュッセル封鎖」からのネコブームはまだまだ続く!

[高城歩,ねとらぼ]

 パリ同時多発テロを受け、警戒状態となったベルギーの首都ブリュッセル。警察当局からSNS上での情報投稿自粛を求める呼びかけに、市民がなぜかネコの画像を投稿しまくるというムーブメントが起きた(関連記事)ことも記憶に新しいですね。今月27日にはブリュッセルの警戒レベルがベルギーの他の地域と同じレベルに戻り、市内の美術館・博物館も徐々に再開しているのですが、そのPR動画もまたネコ祭りの様相です。

Comment chat va à Bruxelles? #BrusselsLockdown

 ベルギー政府観光局が制作したPR動画はやはりネコちゃんが主役! 山高帽をかぶったネコたちがブリュッセルの中心地にある大広場「グラン=プラス」の前で太鼓を叩くシーンや、空に大量のネコが浮かんでいる場面など、少しばかりシュールな雰囲気です。おそらくベルギーの画家のルネ・マグリットの影響でしょう。マグリットの絵画でモチーフとなっている「青りんご」のお面をつけた市民たちの姿も印象的。約20秒の動画ですが、ツボにハマればやみつきになりそう。


ベルギーネコ さっそくネコだ!

ベルギーネコ 「グラン=プラス」前にずらりネコ

ベルギーネコ ネコタワー

ベルギーネコ 親方! 空からネコちゃんが!

ベルギーネコ 市民も参加。マグリットの絵画の再現ですね

 観光局の公式サイトではすでに開館している博物館、美術館のリストも公開中。12月3日までにはほぼすべての観光スポットが通常営業に。なお、クリスマスマーケットも実施されており、市内は徐々に平穏を取り戻しつつあるようです。

 それにしても「ブリュッセル閉鎖」から始まった怒涛(どとう)のネコ祭り。政府までもが波に乗るとは……。ちなみにベルギーにはイーペルという町で本当に「猫祭り」という行事があります。ベルギーの人々のネコ好きは本物だったんだ!

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」