ニュース
» 2015年12月02日 20時05分 公開

これは心臓止まる 「差別ツイート」投稿者の自宅近くにアイコンとツイートを載せた看板を設置するキャンペーン

自分の発言を見つめ直すきっかけになりそう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 匿名性を利用し、ネットに攻撃的だったり差別的な内容を投稿する人は後を絶ちません。しかし、もしもそんな投稿が、自分の家の近くに、しかも巨大な看板に張り出されていたらどう思うでしょうか。これは、黒人差別に対抗するためのキャンペーンとして、ブラジルで実際に行われたものです。


看板 実際に張り出された看板


看板


看板

 看板の下には、”仮想世界での差別、現実世界での結果”の文字。7月、ブラジルで初めて黒人天気キャスターとなった女性Maria Júlia Coutinhoさんに対して差別的な発言が多数投稿されたことを受けて、同キャンペーンは実施されました。キャンペーンの実施者はブラジルの反黒人女性差別団体で、投稿者の住所はジオタグ(写真の位置情報)から特定したとのこと。


キャスター ブラジル初の黒人天気キャスターMaria Júlia Coutinhoさん

 仮に普通の投稿であっても、自分のアカウントがこんなに大きく貼られていたら仰天することは間違いありません。さらに、それが差別的な内容とあれば、投稿者にとってはかなりの衝撃でしょう。

 ただし、同キャンペーンの目的は投稿者を衆目にさらすことではなく、”インターネットに発言を投稿する前に結果を考えてほしいから”としており、投稿者のアイコンと名前にはモザイクが入っています。たしかに、投稿者はもちろん、この看板を見た人たちもいろいろとインターネット上の投稿について、一度考え直すきっかけとなりそうです。

 かなりインパクトのあるキャンペーンですが、実際に攻撃的・差別的な内容を投稿し続けているともっと大きなしっぺ返しを食らう日がくるかもしれません。ネットも現実世界につながっていることを、忘れないようにしたいものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」