ニュース
» 2015年12月02日 20時05分 公開

これは心臓止まる 「差別ツイート」投稿者の自宅近くにアイコンとツイートを載せた看板を設置するキャンペーン

自分の発言を見つめ直すきっかけになりそう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 匿名性を利用し、ネットに攻撃的だったり差別的な内容を投稿する人は後を絶ちません。しかし、もしもそんな投稿が、自分の家の近くに、しかも巨大な看板に張り出されていたらどう思うでしょうか。これは、黒人差別に対抗するためのキャンペーンとして、ブラジルで実際に行われたものです。


看板 実際に張り出された看板


看板


看板

 看板の下には、”仮想世界での差別、現実世界での結果”の文字。7月、ブラジルで初めて黒人天気キャスターとなった女性Maria Júlia Coutinhoさんに対して差別的な発言が多数投稿されたことを受けて、同キャンペーンは実施されました。キャンペーンの実施者はブラジルの反黒人女性差別団体で、投稿者の住所はジオタグ(写真の位置情報)から特定したとのこと。


キャスター ブラジル初の黒人天気キャスターMaria Júlia Coutinhoさん

 仮に普通の投稿であっても、自分のアカウントがこんなに大きく貼られていたら仰天することは間違いありません。さらに、それが差別的な内容とあれば、投稿者にとってはかなりの衝撃でしょう。

 ただし、同キャンペーンの目的は投稿者を衆目にさらすことではなく、”インターネットに発言を投稿する前に結果を考えてほしいから”としており、投稿者のアイコンと名前にはモザイクが入っています。たしかに、投稿者はもちろん、この看板を見た人たちもいろいろとインターネット上の投稿について、一度考え直すきっかけとなりそうです。

 かなりインパクトのあるキャンペーンですが、実際に攻撃的・差別的な内容を投稿し続けているともっと大きなしっぺ返しを食らう日がくるかもしれません。ネットも現実世界につながっていることを、忘れないようにしたいものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」