ニュース
» 2015年12月02日 22時10分 公開

「DEAD OR ALIVE Xtreme3」欧米では発売されず コーエーテクモゲームスがコメント

「女性キャラの描写」が理由で欧米で発売されないかのような投稿が波紋を呼んでいましたが……。

[ねとらぼ]

 コーエーテクモゲームスは、ゲーム「DEAD OR ALIVE Xtreme3」(DOAX3)が女性の描写を理由に欧米で発売されないと話題になっていた件についてコメントを発表しました。

DEAD OR ALIVE Xtreme3 DEAD OR ALIVE Xtreme3

 発端は11月にDEAD OR ALIVEの公式Facebookページに、ファンの質問に対してDOAX3が西洋では発売されないと答えるメッセージが投稿されたこと。「ビデオゲーム業界で、女性の扱い方について多くの問題が起きている」といったことも書かれており、セクシーな女性キャラが登場する同作に厳しい目が向けられることを考えての決定ではないかとみられていました。この投稿は波紋を呼び、同シリーズの生みの親・板垣伴信さんは「なぜだ。彼らはチキンなのか」などと批判。このFacebook投稿は現在削除されています。

 コーエーテクモゲームスの米国・欧州法人は12月2日に、当該のFacebookの投稿は、投稿したスタッフの個人的意見であり、同社の見解や事業戦略を反映したものではないとする公式コメントを発表。「世界中のファンに最高のものを提供すると同時に、世界のさまざまなオーディエンスをサポートするため、尊重し戦略を練っている」とし、DOAX3の発売については日本とアジアでのみ計画していることを明言しています。

DEAD OR ALIVE Xtreme3 コーエーテクモゲームスのコメント

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」