ニュース
» 2015年12月08日 15時36分 公開

目の不自由な人もスマートフォンで情報をやりとりできたら…… 点字を読み書きできるスマートフォンアプリ「Kenzan-Go」

アは「ブーーー、ブッ、ブッ、ブッ、ブッ、ブッ」で表せます。

[太田智美,ねとらぼ]

 「目の不自由な人がスマートフォンで情報のやりとりをするためには……?」そんな問いから、「Kenzan-Go」という点字アプリが生まれました。このアプリは、スマートフォンに搭載されているバイブレーション機能を用い、文字を点字として読み取れるというもの。メールの送受信や、ちょっとしたニュース・天気予報といった情報も読み取ることができます。


Kenzan-Go

Kenzan-Go

 点字は主に横2行・縦3行のあわせて6つの点からできており、例えば点字のアは「左上のみ●、ほかはなし」、イは「左上と左上から2番目のみ●、ほかはなし」といった形になっています。これをこの「Kenzan-Go」のバイブレーション機能で表すと、アは「ブーーー、ブッ、ブッ、ブッ、ブッ、ブッ」、イは「ブーーー、ブーーー、ブッ、ブッ、ブッ、ブッ」といった具合に振動し、文字が読めるようになるというわけです。さらに、「左にスワイプ、ちょん、ちょん、ちょん、ちょん、ちょん」とすれば、アの文字を書くことも可能です。


Kenzan-Go

 実はこのプロジェクト、「ヘレンケラーシステムプロジェクト」と名付けられ、数年前から進められているプロジェクト。開発者の武藤繁夫さんは「このアプリを使うにはまだかなりの練習が必要で実用にはまだ時間がかかりますが、引き続き検証したいです」と話しています。「Kenzan-Go」は武藤さんの休みの合間を縫って、少しずつ作られているそうです。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」