ニュース
» 2015年12月08日 19時10分 公開

これ使って大丈夫か!? リアルなプーチンと金正恩の頭から音が鳴るスピーカーで我が家の平和がやばい

コンセプトは「世界を動かす人物で聴く」。

[コンタケ,ねとらぼ]

 リアルなプーチンと金正恩の陶器の頭に穴を開けてスピーカーを埋め込んだ「Sound of Power」が、大変芸術的ながらも一目で「やべぇ」と感じさせる出来となっていました。なにが「やべぇ」のかは、そのコンセプトとデザインからお察しいただけるかと思います。


SOP 「やべぇ」(画像は公式サイトより)

 なぜよりにもよって、この一番恐ろしい2人なのでしょうか。家に置いてたら怖い人が押し入ってきて、「次はお前がスピーカーになる番だ」とかならない? 大丈夫? スピーカー部分のために頭がスパーンと切れたデザインも、不安を増長させます。

 商品名は、金正恩型が「キムサンシャイン」で、キャッチコピーは「キムの歌声は、鳥の歌のように」。プーチン型が「聖ウラジミール」で、キャッチコピーは「ウラジミール・プーチン至上“最高の聴き心地”がここに」。プーチン至上“2番目の聴き心地”もあったのでしょうか。


キムサンシャイン キムサンシャイン(画像は公式サイトより)


聖ウラジミール 聖ウラジミール(画像は公式サイトより)


スピーカー スピーカー部分(画像は公式サイトより)

 価格は1つ1111ユーロ(約15万円)。スピーカーとしてはそこそこのお値段といったところですが、デザイン分の料金も多分に含まれていると思われます。また、キムサンシャインの製造番号No.1とNo.100は、オークションを実施中(聖ウラジミールのオークションはすでに終了)。

 世界を動かす人物で聴く音楽は、一体どのような気分にさせてくれるのでしょうか。権力に屈しないタイプの方は、ぜひどうぞ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」