ニュース
» 2015年12月09日 10時00分 公開

15匹の猫がの〜んびり “猫神社”梅宮大社に行ってみた人も猫も子宝・安産!

子宝・安産祈願の神様をまつる京都の梅宮大社は、「猫神社」としても話題。猫神社になったワケを宮司さんに聞いてきた。

[谷町邦子ねとらぼ]

 子宝・安産祈願や酒造りで知られる京都の梅宮大社(うめのみやたいしゃ)は、「猫神社」としても注目を集め、神社の境内や庭園で過ごす猫を見ようと多くの猫好きが訪れている。自身も猫が大好きという宮司さんに、猫神社と呼ばれるようになるまでのいきさつを聞いてみた。

梅宮大社 梅宮大社

 梅宮大社があるのは京都市右京区、阪急嵐山線沿線。子宝・安産祈願の神様として木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)、 酒造りの神様として大山祗神(オオヤマツミ)などを祀(まつ)っている。奈良時代から京都の人々の信仰を集め、また2月は梅、5月はカキツバタ、6月にはアジサイ、11月は紅葉が見事な庭園もあり、年間通して参拝者の姿が絶えない。

 その梅宮大社に新しい魅力が加わった。宮司の橋本さんが飼っている15匹の猫たちである。取材当日も境内でゆったりと過ごす猫たちに「かわいい」と声をあげる女性グループも見られ、猫が好きな人にとっての名所となっている様子が伝わってきた。

梅宮大社 鳥居
梅宮大社 紅葉の庭
梅宮大社 落ち葉の庭を散歩

最初は猫が飼えなかった

 宮司の橋本さんは子どものころから猫が好きで、昔から神社に野良猫が入ってくることもあったのだが、両親が猫嫌いで飼わせてもらえなかった。36年前に父親から宮司を継いだときも、神社には野良猫がおり、かわいいと思ったが、神社に悪さをするといけないので追い払っていたという。

 しかし14年前、父親が亡くなり、母親も体調を崩し、妻が介護に疲れていたころ、橋本さんはペットショップでシャム猫のような雑種のオス猫と出会った。妻の気を紛らわすのにいいと思い、家族に相談せずに飼うことに。母親の目の届かないところに段ボールで小屋を作り、布団をしいて住まわせたという。連れ帰った当初は驚いていた妻も、よく懐く子猫をすぐにかわいがるようになった。

梅宮大社 奥さんお手製の「猫ブロマイド」も販売している

 それから半年後、神社の物置で野良猫が子猫を生んでいるのを発見。親猫やほとんどの子猫は逃げてしまったが、1匹だけ成長の遅い白いメス猫が逃げ遅れていた。橋本さんは一時的に保護するが、親猫は助けに来ず子猫は衰弱し始めた。さらに、子猫の鳴き声に母親が気付いてしまう。

 そこで、先に飼っていたオス猫の小屋で子猫を飼うことにした。はじめは2匹が仲良く共存できるか心配だったそうだが、なんとオス猫は子猫の毛づくろいするなど親猫のように世話をしたのだった。「ミー」と名付けられた子猫はすくすく成長した。

増えていく猫

 梅宮大社では、飼っている猫の全てに生後1年ぐらいで避妊手術をしている。しかしミーを病院に連れていくと、医師から「病気だから避妊手術をすると死んでしまうかもしれない」と言われ、避妊を断念したという。

 ミーは次々と子猫を生み、3年前に行方不明になるまで約10年間で60匹ほど生んだそうだ。サバトラ、耳や顔が黒いシャム猫のような猫、ブルーグレーのロシアンブルーのような猫、ペルシャ猫のように長い毛の猫や、オッドアイの猫などさまざまな子猫が生まれた。橋本さんは毎回出産のたびにどんな猫が生まれるのか楽しみでもあった。「子宝と安産の神社だから、子猫がたくさん生まれるのはいいこと」

 生まれた猫はほとんどペットショップや希望者に譲った。しかしミーの子と、ミーの子が避妊手術をする前に妊娠し生んだ猫、さらにどこからかやってきて居ついた猫や神社に捨てられた猫で最大19匹になったことも。現在、梅宮大社にいる15匹の猫の中で、10匹がミーの子孫である。

 そして猫に囲まれた生活をするうちに、いつの間にか母親まで猫好きになり、猫をなでられるようになったそうだ。

梅宮大社 甘えん坊のミータはミーの最後の子。生まれてすぐ育児放棄され宮司さん夫妻に育てられた

猫神社ブームの陰で

 梅宮大社に来る参拝者の中には、猫が嫌いな人もいる。橋本さんは猫のフンや吐いたものをすぐ片づけるほか、猫がマーキングしたところには消臭スプレーで匂いを消すなどの対策をしている。筆者も境内や庭をぐるりと回ったが、全く臭いは分からなかった。神社で猫を飼うようになってからも、参拝者が減ったということはないという。

 テレビやネット、鉄道会社のPRなどで取り上げられ猫神社として有名になった梅宮大社だが、橋本さんはマナーの悪い猫マニアに悩んでいる。寝ている猫をカメラで接写して起こす、勝手にエサをやる、無理やり猫を抱きあげようとする参拝者がいるそうだ。自分本位な関わり方は猫のストレスや病気につながるだけではなく、猫が反撃して引っかいたりするなどトラブルが発生する可能性があり、橋本さんは不安を感じている。

 「近づき過ぎずに自然な姿を見てほしい」

 猫を心から愛する橋本さんは願っている。

梅宮大社 人に対してシャイな猫も

梅宮大社 京都府京都市右京区梅津フケノ川町30

阪急嵐山線「松尾大社駅」より徒歩約10分

Webサイト


谷町邦子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2311/29/news051.jpg 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
  2. /nl/articles/2311/29/news033.jpg 秋田犬が娘の宿題を見守ると……「驚くほど美脚すぎる!」と900万再生 「立ち方凄い」「人にしか見えない」
  3. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. /nl/articles/2311/28/news159.jpg サントリーのウイスキー値上げ額詳細が公開されSNSでも嘆きの声 「もう買えない……」「今ですら厳しいのに」
  5. /nl/articles/2311/29/news146.jpg “ベスト級に美しい芸能人”、出会った上沼恵美子が大絶賛 あまりの完璧超人ぶりにほれぼれ「人間として魅力を備えてて」「頭がいい育ちがいい」
  6. /nl/articles/2311/29/news022.jpg 留守番中の子猫を見守りカメラで確認したら…… 何度も「ママぁー!!!」と泣く姿に「切ない」「一目散に帰らなければ」
  7. /nl/articles/2311/29/news116.jpg 32歳になった河北麻友子、“家族そろった記念ショット”を出産後初公開 幼子抱えて大笑いの夫婦に「最高だねえって言いたくなる」
  8. /nl/articles/2311/28/news170.jpg DAIGO、コンビニで“大物スター”とまさかの遭遇 2日連続の出会いに「すごい奇跡」「これは運命」
  9. /nl/articles/2311/29/news043.jpg マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  10. /nl/articles/2311/29/news028.jpg 寂しくて「えーんえーん」と泣くワンコ、後ろにいる飼い主に気付くと…… 激変する表情のギャップがたまらない
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 病名不明で入院の渡邊渚、3カ月ぶりSNS更新で「表情に違和感」「そこまで酷い状況とは」 ベッド上で「人生をやり直すこともできません」
  2. 動かないイモムシを助けて1年後のある日、窓の外がありえない光景に 感動サプライズが「アゲハ蝶の恩返し」と話題
  3. 「スカートはないわ」「常識無視の番組でびっくり」 山下リオ、登山中の服装批判巡って反論「私が叩かれているようですが」
  4. 「千鳥」大悟、大物美人俳優にバッグハグされた表情に注目集まる 「マジ照れのお顔ですね」「でれでれやん」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 神田愛花アナ、拡散された女子中学生時代ショットにスタジオ騒然「ヤバい」→“アネゴ感”でSNSもざわつく
  7. 「生きててよかった」 熊谷真実、美麗な初“袋とじ”グラビアで63歳の色気全開 真っ赤なドレス着こなす姿に「すごいプロポーション」
  8. 尻尾がちぎれた小さな子猫をサーキット場で保護→1年後“ムキムキ最強生物”に 驚異の成長ビフォーアフターに注目集まる
  9. 双子モデル・吉川ちえ、美容整形後のひたいが“コブダイ”状態へ 多額の費用要した修正手術で後悔も「傷がこんなに残りました…」
  10. 「犬ぐらい大きくなれよ」と願い育てた保護子猫が「まさか本当に犬ぐらいになるとは」 驚異の成長ビフォーアフターが192万表示!