ニュース
» 2015年12月11日 17時40分 公開

約4億2500万円の出資を集めていた小型ドローンプロジェクトがとん挫 Kickstarterが調査に乗り出す

フリージャーナリストを雇って独自調査を行う予定とのこと。出資者の心境やいかに……。

[高城歩,ねとらぼ]

 Kickstarterで出資金230万ポンド(約4億2500万円)以上を集めていた超小型空撮ドローン「ZANO」のプロジェクトがとん挫した事態を受けて、Kickstarter側がフリージャーナリストに委託し、独自調査を行うことを明らかにしました。


画像 ZANO(Kickstarterページより)

 「ZANO」はスマホで操作できる手のひらサイズの超小型空撮ドローン。自動追尾などさまざまなモードやジェスチャーコントロール、帰還機能などが搭載されていることを強調し、最終的に1万2075人から出資を募っていました。

 しかしながらプロジェクトを率いてきたTorquingグループのイヴァン・リードマンCEOの辞任をはじめとし、1万5000台を越えるオーダーに対して出荷された数は600台だったことや、多くの機能が実現されておらず、ほとんどの機能が構想段階であることも判明。出資者からは返金要求などの声があがっていました。


マーク・ハリスさん 委託されたフリージャーナリストのコメント

 これに対し、Kickstarter側も「今後の運営と信用問題に深刻な影響を与えかねない」とし、調査に乗り出すことを表明。フリージャーナリストであるマーク・ハリスさんに委託し、真相を明らかにする構えです。

 マーク・ハリスさんは「個人的にクラウドファンディングは特に技術分野での革新を生み出し、活性化させる場であると信じているが、高望みや誇大広告、技術的な大混乱、想定外の市場に、粗末な経営実態などで人々が被害をこうむることも少なくない」とコメントしており、今後数週間以内にプロジェクトにかかわった人々に調査を開始するとのこと。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声