ニュース
» 2015年12月16日 14時48分 公開

うどんかるたの「強いコシ 色白太目 まるで妻」の句に「不適切」のクレームで販売延期 ネットでは「過剰反応では」と疑問の声

ユーモアの範囲内ではないかとの指摘が多数。

[たろちん,ねとらぼ]

 香川県が15日から販売を予定していた「うどんかるた」の中の句が不適切との苦情を受けて販売延期を発表した件について、ネット上では疑問の声が続出しています。

うどんかるた 問題となっているのは「つ」の読み札(画像:@udonnoww

 うどんかるたは、うどんに関する読み札を全国から募集し、香川県職員と有識者が選定して作られたかるた。12日のイベントで全46作品が発表され、会場で先行販売されたほか特設サイト上でも無料でダウンロードできる状態で公開していました。ところが、この中の「強いコシ 色白太目 まるで妻」という句に対し、外部から「よくないイメージで受け取られるのではないか」という指摘が入ったため、一般販売を延期して表現を再検討すると発表。サイト上での公開も停止されています。

うどんかるた 販売が延期されたうどんかるた(画像:@udonnoww

 これに対してネット上では「この程度でクレーム来んのかよ」「過剰反応では」などと疑問の声が続出。こうした毒舌混じりのユーモアは珍しいものではなく、「サラリーマン川柳」などの作品と比べても決して販売を中止するほど度が過ぎているものではない、と擁護する声が多数あがっています。また、「県も過敏に反応しすぎでは」など、少数のクレームであっさり中止になってしまう対応について疑問視する意見も。

うどんかるた 「うどんかるた」に関するネットの声はネガティブな意見が多め(Yahoo!リアルタイム検索より)

 香川県産品振興課に問い合わせたところ、「うどんの特徴を愛くるしく表現したいい句だと考えて選出したが、指摘を受けてさまざまな意見があると認識し再検討することにした」とのこと。ネット上で話題になり多数の反対意見が出ていることは認識しているものの、先入観を持たずフラットに意見を集約するように努めているとのことです。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」