ニュース
» 2015年12月16日 14時48分 公開

うどんかるたの「強いコシ 色白太目 まるで妻」の句に「不適切」のクレームで販売延期 ネットでは「過剰反応では」と疑問の声

ユーモアの範囲内ではないかとの指摘が多数。

[たろちん,ねとらぼ]

 香川県が15日から販売を予定していた「うどんかるた」の中の句が不適切との苦情を受けて販売延期を発表した件について、ネット上では疑問の声が続出しています。

うどんかるた 問題となっているのは「つ」の読み札(画像:@udonnoww

 うどんかるたは、うどんに関する読み札を全国から募集し、香川県職員と有識者が選定して作られたかるた。12日のイベントで全46作品が発表され、会場で先行販売されたほか特設サイト上でも無料でダウンロードできる状態で公開していました。ところが、この中の「強いコシ 色白太目 まるで妻」という句に対し、外部から「よくないイメージで受け取られるのではないか」という指摘が入ったため、一般販売を延期して表現を再検討すると発表。サイト上での公開も停止されています。

うどんかるた 販売が延期されたうどんかるた(画像:@udonnoww

 これに対してネット上では「この程度でクレーム来んのかよ」「過剰反応では」などと疑問の声が続出。こうした毒舌混じりのユーモアは珍しいものではなく、「サラリーマン川柳」などの作品と比べても決して販売を中止するほど度が過ぎているものではない、と擁護する声が多数あがっています。また、「県も過敏に反応しすぎでは」など、少数のクレームであっさり中止になってしまう対応について疑問視する意見も。

うどんかるた 「うどんかるた」に関するネットの声はネガティブな意見が多め(Yahoo!リアルタイム検索より)

 香川県産品振興課に問い合わせたところ、「うどんの特徴を愛くるしく表現したいい句だと考えて選出したが、指摘を受けてさまざまな意見があると認識し再検討することにした」とのこと。ネット上で話題になり多数の反対意見が出ていることは認識しているものの、先入観を持たずフラットに意見を集約するように努めているとのことです。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う