ニュース
» 2015年12月17日 10時00分 公開

刺激が欲しい てっとり早く世界を救うエージェントになるには、いくらかかるのか調べてみた【PR】(1/2 ページ)

刺激的な毎日を送ってますか? もし映画みたいな刺激的な体験がしたいなら、2つの方法があるようです。そう、『in SPY re』に行くか、それ以外かです。

[ITmedia]

 つまらない。日々の生活が、とにかくつまらないんです。

 皆さんこんにちは。フリーライターのゴトウです。ライターと言えば、探偵小説に出てくる職業の定番。取材先で殺人事件に巻き込まれてみたり、迷宮入りした事件を解決したり……そんな刺激的な体験ができるのかも? と、この仕事を志したのに、そんな事件にはちっとも巻き込まれません。

in SPY re 取材と記事の執筆を繰り返す毎日。もちろん事件へ巻き込まれることもなく、代わり映えしない日々。正直、退屈です

 毎日、取材して記事を書くの繰り返し。刺激と言えばネットの炎上、どんどん迫ってくる締め切り、なぜか下がっていく原稿料、少なくなっていくクライアント……。なんかこう、もっと血湧き肉躍るような刺激が欲しいんです。

 こんな平凡な日々を過ごしていては、良い原稿を書けるはずもありません。

 そこで、刺激を求めて街に来てみました。決して締め切り直前の現実逃避ではありません。……現実逃避ではないのです。大事なことなので2度書きました。

in SPY re 交差点で道行く人々を眺める。なにか刺激的な出来事はないものか? 編集Hから余計な連絡が入らないように、スマホの電源はオフに

 年の瀬の繁華街です。

 人々が足早に行き交っています。刺激は欲しいですが、守りたいですね、この平穏無事な日常を。

in SPY re 守りたい、この日常

 そう、世界的な悪の組織からこの平和を守り、世のため人のために働くオレってかっこええー、みたいな刺激的な体験がしたいのです。しかしそんな映画みたいな、

in SPY re いま、なにかヒントになりそうなものを見かけたような……。どこだ? 後ろか?

 ん。

 あ、あれは、『世界一有名な英国のスパイ』の最新作! しかももろもろの事情で使えなかった悪の組織の名前がウン十年ぶりに使われている最新作ッウウゥ。

in SPY re 諜報機関のエージェントならば刺激にはことかくまい! こういうのを求めていたのだ!

 コレだ! コレだよ!! スパイと言えば危険と隣り合わせの刺激が付きもの。スリルを求める自分にとって、これほどピッタリの題材はありません。

 スパイになって世界を救いたい。この崇高な目的のためには、まず見た目が重要。某スパイの様に、仕立ての良いスーツで高級車を乗りこなし、ブランド時計で作戦開始の時間を確認しなければなりません。ブツをそろえるだけなら激しい訓練も不要。スパイらしい格好をして、あとは悪の組織からの挑戦を待つのみです。

in SPY re 一流のスパイなら一流の身なりをしたいもの……
in SPY re さっそくスパイになるコストをチェック

 ということで、本部ならぬ自宅に戻り、例の映画とタイアップした英国を代表する某GTカーの価格を確認してみると……16万5000ポンド!? 日本円にして約3100万円……。世界でわずか150台だけの限定生産。あ、そうすか。

in SPY re え、3100万もすんの?

 これまた劇中にも登場する高級腕時計のコラボモデルは約81万円、某スパイ御用達のブランドスーツは約53万円、靴は約12万円から……。

in SPY re 時計は80万か……

 えっと。これに英国の本部と日本をスパイらしくファーストクラスで行き来するとさらに数百万。“ヤツら”を追跡するためにプライベートジェットやヘリをチャーターするとなると……。

in SPY re 原稿何本書きゃいいんだよ……

 あー、ちょっと待った待った。どれもこれも高過ぎる。この原稿を何本書けばいいんだろ。一件落着して、美女とシャンパーニュで乾杯するシーンがまったく思い付かない。やはり政府の後ろ盾なしに映画のようなスパイ活動は無理なのかなぁ(編集部注:おや、お気付きになられましたか?)。

in SPY re 仕事。しようか

 ちっ、そもそも、そんな金があったらヒマを持て余すこともないっつーの。

 仕方がないので仕事に戻りまーす。コツコツ稼がないとねー。

in SPY re 編集部のバイト君が届けてくれた資料。大学で印刷してきたらしく、裏側に「タダコピ」の広告が

 じゃあまず、編集部のバイト君が届けてくれた「ボクらの恋は300ボー 今どき大学生の音響カプラー事情」のアンケートでもチェックしますか。おや、裏になにか広告が……。

 こ、これは!

in SPY reエージェントを募集している『in SPY re』の広告を発見! このアトラクションなら、合法的にエージェントになれる

 “求む!スーパーエージェント”

 と書かれたタダコピの広告。ああん、『in SPY re』という謎の組織(?)がエージェントを募集中? 早速URLにアクセスしてみると、2016年2月に新宿にオープンするミッション遂行型タイムアタックアトラクション施設らしい。

 秘密諜報機関『in SPY re』の一員となり、悪の組織『BLACK MAX』のアジトに潜入。4つのミッションをこなして、企みを阻止するといったアトラクションが楽しめ――。しかも、激ムズの選抜試験をクリアすると、報酬100万円を受け取れるキャンペーンを展開中!

 さっそくサイトにアクセス! すると、クリアすると最大10人で100万円を山分けできるというエージェントテストが表示されました……。なるほど、こいつを活動資金にせよということか。

in SPY re これがエージェントのテストか。どれどれ
in SPY re お、おう
in SPY re ん、んん
in SPY re ……
in SPY re わっかんね

 ほ、報酬100万円ともなれば、やはりエージェントテストも“そこそこ”難しいようですね。自分クラスになればなんてことはない問題ですが、苦戦する人は多いんじゃないでしょうか。。。(編集部注:テストをしなくても『in SPY re』は楽しめますYO)。

 涙を拭いて情報収集を続けていると、さらに気になる情報にぶち当たりました。あろうことかBLACK MAX側も世界征服のために人員を大っぴらに募集している模様。うーむ、悪の組織側もアレな体験ができそうだけど、コンプライアンス的になぁ(編集部注:お仕事の内容は完全に合法的なものです)。

in SPY re え、悪の組織も求人してんの? こっちも面白そう

 やはりスパイのような刺激的な経験ができて、しかも試験をクリアすると報酬もゲットできるとなれば、見逃す手はない!

 激ムズテストはしなくても『in SPY re』のエージェントにはなれるようだが、やはりたんまりと報酬をゲ……いや、悪の組織から世界の平和を守ってやろうじゃないかっ。覚悟しておけBLACK MAX! 待ってろ新宿・歌舞伎町!

in SPY re こうしちゃいられない!! エージェントになるべく、さっそく『in SPY re』に急行だ!(オープンは2016年2月です)
in SPY re 新宿にある『in SPY re』に向かうため、飯田橋駅から電車に乗るエージェント510(ゴトウ)
in SPY re しかし、勇んで乗ったのは反対方面の電車だった……
in SPY re 果たして510の運命やいかに!

【in SPY re】2016年2月、新宿・歌舞伎町にオープン!

in SPY re ミッション遂行型タイムアタックアトラクション【in SPY re】

報酬100万円を山分け! 選抜エージェントテストにチャレンジしよう

in SPY re 【in SPY re】選抜エージェントテストはこちら

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」