ニュース
» 2015年12月22日 11時00分 公開

日本で唯一! りんご飴専門店「ポムダムールトーキョー」に行ってきた

お祭りの屋台で買うものというイメージのりんご飴。ところがこだわりの専門店があるんです。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 真っ赤なりんごを飴(あめ)でコーティングした「りんご飴」。お祭りの屋台で買うものというイメージだが、東京・新宿に日本で唯一のりんご飴専門店「ポムダムールトーキョー」がある。昨年7月にオープンし、じわじわと話題になっている。

 場所は東京メトロ新宿三丁目駅C7出口から徒歩4分。新宿の喧噪(けんそう)から少し離れた場所にある。表には目立つ看板も何も出ておらず、1階がタトゥー屋さんになっている建物の階段を登った2階のドアの前に「ポムダムールトーキョー」と書かれたプレートが下がっているのみ。りんご飴専門店であるだけでなく、シーシャ(水タバコ)の専門店でもある。

ポムダムールトーキョー シーシャも提供している

 一瞬「本当にここがりんご飴屋さんなのだろうか」と疑うくらい隠れ家的な雰囲気。ドアを開けて入店すると、ぷぅんとシーシャの独特な甘い香りが漂い、おもちゃ箱をひっくり返したようなオシャレでかわいらしい店内が広がっている。

 「内装やインテリアはあえてプロっぽくせず、手作りっぽさを出しました。プロっぽさを突き詰めると『かわいい』から遠くなって身近なかわいさではなくなってしまうので」と店主の池田喬俊さん。席はカウンターやソファ席、テーブル席など合わせて15席。店名にもなっている「ポムダムールトーキョー」とはフランス語でりんご飴の意。りんご飴は日本の食べ物かと思いきや、発祥は意外にもアメリカ。海外ではハロウィンなどのイベントで食べられるそうだ。

ポムダムールトーキョー
ポムダムールトーキョー レトロなストーブとヤカン
ポムダムールトーキョー 余った角材を再利用してランプを設置している
ポムダムールトーキョー かわいらしい店内
ポムダムールトーキョー
ポムダムールトーキョー

 カウンター席の横にはりんご飴のショウケース。飴だけでコーティングしたプレーンから、王林(青りんご)を使ったもの、シナモンをまぶしたもの、りんごをチョコフォンデュにするものなど、いくつか種類がある。値段はプレーンが500円、その他は600円。どれにするか迷ったが、一番人気だというプレーンをチョイス。りんご飴はカットされた状態で出される。

ポムダムールトーキョー りんご飴のショウケース
ポムダムールトーキョー プレーン
ポムダムールトーキョー 王林プレーン
ポムダムールトーキョー シナモンをまぶしたりんご飴も
ポムダムールトーキョー チョコフォンデュ

 う、美しい……! 透明なべっ甲色の飴がてらてらと光り、飴に閉じ込められた赤いりんごはプリンセスのよう。カットされた断面はみずみずしく、見ているだけでため息が出てしまう。

ポムダムールトーキョー プレーン
ポムダムールトーキョー 断面がみずみずしい
ポムダムールトーキョー 飴が輝く

 一口かじると、パリッと飴が割れ、中からじゅわっとフレッシュな果汁があふれ出る。飴の甘さとりんごの酸味のバランスがちょうどいい。爽やかなりんごの香りも鼻から抜けていく。こんなにおいしいりんご飴は初めて食べた。

 昔、屋台で食べたりんご飴は飴がやたら固く、口の中で刺さって痛かった覚えがあるが、このりんご飴はコーティングが薄め。飴が口の中で滑らかに溶けていき、刺さって痛くなることもない。そして工夫はもう一点。りんごのお尻にまで飴がコーティングされていないため、片手で持って食べるのが難しくなるところまで食べ進んだときに、焼きトウモロコシのように両手で持って食べても手が汚れないのだ。細やかなところまで気遣いを感じ、ますますりんご飴が美しく見えた。

 もともと何かのお店を開きたかったという店主の池田さん。以前はシーシャ屋の店員をしていたそう。シーシャはカクテルを作るバーテンダーと同じように、その人にしか作れないフレーバーがあるため、シーシャ屋勤務時代の常連のお客さんからは、シーシャ屋さんをやってほしいと言われていた。しかし、シーシャは世間一般的に、どちらかと言うと不健全なイメージがある。「明日が今日より楽しくなるお店」を作ろうと目指したところ、りんご飴をお祭り以外で食べたことがないことに気付き、シーシャとりんご飴という組み合わせを思いついたという。

 「小さい頃に屋台で食べたりんご飴って、懐かしさもありますが、あまりおいしくなかった思い出もあるんです。人は成長に従って、おいしいモノの味を知っていくので、今、屋台のりんご飴を食べても『おいしい』という感動はありません。童心を思い出しつつも、りんご飴に初めて出会ったような感動を与えられるりんご飴を研究して作りました」(池田さん)

 感動を与えるりんご飴を提供するため、りんご選びからこだわっている。時期によって使用するりんごは違うが、8月末はサンツガルを使用。冬の時期はサンフジを使用している。りんごは冬が旬だが、夏は大きな倉庫でりんごを冬眠させているものを取り寄せているそう。夏場はりんごの値段も上がってしまうが、原価の上昇にも関わらず、提供する価格は年中変えないというのもありがたい。

ポムダムールトーキョー

 20〜30代の女性客が多く、土日には行列ができる。テイクアウトもできるのでお土産にもぴったり。夜に朝ご飯として買っていく人もいるという。

ポムダムールトーキョー シーシャのメニューも豊富
ポムダムールトーキョー カウンターの奥にはシーシャのフレーバーの瓶がずらり

 昔懐かしいりんご飴が、何倍もおいしくよみがえっている。“ちょっと小粋な大人のりんご飴”という言葉が似合いそうだ。

ポムダムールトーキョー ちょっと小粋な大人のりんご飴

姫野ケイ

店鋪情報

東京都新宿区新宿5-9-12 KIビル2F

TEL:03-6380-1194

新宿三丁目駅C7出口より徒歩4分

営業時間:13:00〜0:00

定休日:木曜

HP:http://lucky11090321.wix.com/pommedamour-tokyo

Twitter:https://twitter.com/pomedamourtokyo


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/27/news056.jpg ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  2. /nl/articles/2206/26/news057.jpg 「これだけでそうとう電気代が下がるはず」 シャープ直伝“エアコンフィルターの掃除方法”がためになる
  3. /nl/articles/2206/27/news105.jpg 原日出子、夫・渡辺裕之さん急逝から2カ月弱の心境明かす 「7月に入ったら ボチボチお仕事も再開できるかな…」
  4. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  5. /nl/articles/2206/27/news110.jpg UTA、11年前に撮影の父・本木雅弘&母&弟のエモい3ショットに反響 「両親最強」「カッコ良すぎる全てが」
  6. /nl/articles/2206/27/news055.jpg 帰宅したら自作のシャア専用ザクがバラバラに壊れていて絶望 「ガンダムにやられた?」と悲しみの声集まる
  7. /nl/articles/2206/20/news164.jpg 渡辺磨裕美、急逝した父・渡辺裕之さんとの2ショット 英語で決意つづる「私は自信をもって前に進みます」
  8. /nl/articles/2206/26/news006.jpg 「ニコニコ動画ってサイトが次世代のYouTubeになるかも!」インターネット老人が見たツイートがショックすぎると話題に
  9. /nl/articles/2206/24/news038.jpg 元ダンス&ボーカルグループの小湊よつ葉、SODstarデビューの理由 さらけ出した今だから言える「完璧じゃない自分」
  10. /nl/articles/2206/26/news046.jpg 友達からいわく付きの臨海学校での肝試しに誘われて…… 衝撃のラストを迎えるホラー漫画に凍りつく人続出

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」