ニュース
» 2015年12月22日 21時31分 公開

なにその番組名! MBSの番組「西川貴教と松井玲奈の年末やからアニマゲーまとめてみたいと思うンゴ」にツッコミが殺到

なんでや! 野球関係ないやろ!

[たろちん,ねとらぼ]

 MCの西川貴教さんと松井玲奈さんがゲストと、アニメ・マンガ・ゲームの話題で盛り上がるMBSの情報番組「AniMaGa(アニマゲー)」。この最新回の番組タイトルが、ネットスラング全開の「西川貴教と松井玲奈の年末やからアニマゲーまとめてみたいと思うンゴ」になっていると、ネット民からツッコミが続出しています。MBSでは12月25日25時25分から放送予定で、TOKYO MXやNOTTVでは既に放送済み。

ンゴ番組名 なんだこれは……たまげたなあ

 番組タイトルで使われている不自然な関西弁(猛虎弁)や「ンゴ」という語尾は、野球好きな住民が多い2ちゃんねるの「なんでも実況J(ジュピター)」発祥の文化。いわゆる「なんJ語」の中でも印象的なフレーズのひとつであり、テレビという大きなメディアが堂々と番組タイトルに使用したことに驚きの声があがっています。

 ちなみに「〜ンゴ」は、2008年に当時楽天のドミンゴ・グスマン投手が盛大な逆転負けを喫した事件をきっかけに、炎上投手を嘲笑する言葉として使われるようになったもの。近年では「やらかした」もの全般を指したり、単なる語感のよい語尾として使われることも増えていますが、「アニメとかゲームは関係ないだろ!」などと本来の意味と違う使い方を疑問視する人もいるようです。

アニマゲー アニマゲー公式サイト

 アニマゲーはもともと「西川貴教と松井玲奈が突然アニメとマンガとゲームばかりの番組をはじめた件について」というタイトルでスタートし、「西川貴教と松井玲奈のアニメとマンガとゲームの番組の放送地域が狭すぎてようつべで見られすぎ問題」「西川貴教と松井玲奈のアニメ・マンガ・ゲームの番組のタイトルが毎回変わるので考えるのつらすぎワロタw」など、当初は毎回違うネットスラングを使った番組名になるのが特徴でした。第5回からは「アニマゲー」で固定されていましたが、第12回となる今回で久しぶりにネットスラングの番組名を採用。近年はTwitterや漫画作品、テレビ番組などさまざまな場所で「なんJ語」が取り上げられる機会も増えてきていました。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた