ニュース
» 2015年12月22日 21時31分 公開

なにその番組名! MBSの番組「西川貴教と松井玲奈の年末やからアニマゲーまとめてみたいと思うンゴ」にツッコミが殺到

なんでや! 野球関係ないやろ!

[たろちん,ねとらぼ]

 MCの西川貴教さんと松井玲奈さんがゲストと、アニメ・マンガ・ゲームの話題で盛り上がるMBSの情報番組「AniMaGa(アニマゲー)」。この最新回の番組タイトルが、ネットスラング全開の「西川貴教と松井玲奈の年末やからアニマゲーまとめてみたいと思うンゴ」になっていると、ネット民からツッコミが続出しています。MBSでは12月25日25時25分から放送予定で、TOKYO MXやNOTTVでは既に放送済み。

ンゴ番組名 なんだこれは……たまげたなあ

 番組タイトルで使われている不自然な関西弁(猛虎弁)や「ンゴ」という語尾は、野球好きな住民が多い2ちゃんねるの「なんでも実況J(ジュピター)」発祥の文化。いわゆる「なんJ語」の中でも印象的なフレーズのひとつであり、テレビという大きなメディアが堂々と番組タイトルに使用したことに驚きの声があがっています。

 ちなみに「〜ンゴ」は、2008年に当時楽天のドミンゴ・グスマン投手が盛大な逆転負けを喫した事件をきっかけに、炎上投手を嘲笑する言葉として使われるようになったもの。近年では「やらかした」もの全般を指したり、単なる語感のよい語尾として使われることも増えていますが、「アニメとかゲームは関係ないだろ!」などと本来の意味と違う使い方を疑問視する人もいるようです。

アニマゲー アニマゲー公式サイト

 アニマゲーはもともと「西川貴教と松井玲奈が突然アニメとマンガとゲームばかりの番組をはじめた件について」というタイトルでスタートし、「西川貴教と松井玲奈のアニメとマンガとゲームの番組の放送地域が狭すぎてようつべで見られすぎ問題」「西川貴教と松井玲奈のアニメ・マンガ・ゲームの番組のタイトルが毎回変わるので考えるのつらすぎワロタw」など、当初は毎回違うネットスラングを使った番組名になるのが特徴でした。第5回からは「アニマゲー」で固定されていましたが、第12回となる今回で久しぶりにネットスラングの番組名を採用。近年はTwitterや漫画作品、テレビ番組などさまざまな場所で「なんJ語」が取り上げられる機会も増えてきていました。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる