ニュース
» 2015年12月26日 17時25分 公開

リアル脱出お化け屋敷「オバケン」のホテルイベントが九州で開催 一泊二日の恐怖があなたを待ち受けている

「チェックイン後の途中退場は不可能です」とのこと。ヒィィィ!

[伊佐治龍/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 「オバケン」というお化け屋敷をご存知だろうか? それは2014年、東京都中野区方南町の住宅街に登場した。素通りしてしまうような何の変哲もないビルの一階にある「オバケン」は、あまりの怖さに数々のメディアが取り上げ話題となった。映像制作を本業をとしているチームが「町をテーマパークにしよう」という思いから、方南町の町角にオープンしたのだという。


画像

 「オバケン」が瞬く間に人気が高まった理由は、怖さのほかに、そのゲーム内容にもある。従来のお化け屋敷と違って、制限時間内に課題をクリアしないといけない「脱出ゲーム」の要素を取り入れているのだ。その全課題クリア率はたったの5%と言われている。映像と音声による恐怖と、課題を解く焦りによって、子どもはおろか大人まで泣き出してしまう人が出るくらいだという。

 その「オバケン」が2016年1月、九州に初上陸する。その名も「オバケンホテル USA OF THE DEAD(ウサ・オブ・ザ・デッド)」。開催日は1月22日〜23日、23日〜24日、29日〜30日、30日〜31日。1泊2日の恐怖の宿泊型イベントで、東京ドーム2個分、日本最大級の広さで恐怖の脱出ゲームが繰り広げられるようだ。


画像

 イベント内容はほとんど何も明かされておらず、スケジュールには「16時チェックイン開始」としか書かれていない。諸注意には「チェックイン後の途中退場は不可能です。※気分が悪くなった方、耐えられなくなった方は、スタッフまで申し付けください」と書かれている。


画像


画像


画像

 参加形態は、5種類(4〜5人・1室/3人・1室/2人・1室/1人・1室/相部屋利用)。仲間同士やカップル、1人参戦や相部屋利用まで、幅広く誰でも参加しやすくなっている。もしこの恐怖に耐えられたら、もう怖いものなどなくなってしまうかも。新年の景気づけの意味も込めて、度胸試しをしてみてはいかがだろうか。

(伊佐治龍/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」