ニュース
» 2015年12月26日 17時25分 公開

リアル脱出お化け屋敷「オバケン」のホテルイベントが九州で開催 一泊二日の恐怖があなたを待ち受けている

「チェックイン後の途中退場は不可能です」とのこと。ヒィィィ!

[伊佐治龍/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 「オバケン」というお化け屋敷をご存知だろうか? それは2014年、東京都中野区方南町の住宅街に登場した。素通りしてしまうような何の変哲もないビルの一階にある「オバケン」は、あまりの怖さに数々のメディアが取り上げ話題となった。映像制作を本業をとしているチームが「町をテーマパークにしよう」という思いから、方南町の町角にオープンしたのだという。


画像

 「オバケン」が瞬く間に人気が高まった理由は、怖さのほかに、そのゲーム内容にもある。従来のお化け屋敷と違って、制限時間内に課題をクリアしないといけない「脱出ゲーム」の要素を取り入れているのだ。その全課題クリア率はたったの5%と言われている。映像と音声による恐怖と、課題を解く焦りによって、子どもはおろか大人まで泣き出してしまう人が出るくらいだという。

 その「オバケン」が2016年1月、九州に初上陸する。その名も「オバケンホテル USA OF THE DEAD(ウサ・オブ・ザ・デッド)」。開催日は1月22日〜23日、23日〜24日、29日〜30日、30日〜31日。1泊2日の恐怖の宿泊型イベントで、東京ドーム2個分、日本最大級の広さで恐怖の脱出ゲームが繰り広げられるようだ。


画像

 イベント内容はほとんど何も明かされておらず、スケジュールには「16時チェックイン開始」としか書かれていない。諸注意には「チェックイン後の途中退場は不可能です。※気分が悪くなった方、耐えられなくなった方は、スタッフまで申し付けください」と書かれている。


画像


画像


画像

 参加形態は、5種類(4〜5人・1室/3人・1室/2人・1室/1人・1室/相部屋利用)。仲間同士やカップル、1人参戦や相部屋利用まで、幅広く誰でも参加しやすくなっている。もしこの恐怖に耐えられたら、もう怖いものなどなくなってしまうかも。新年の景気づけの意味も込めて、度胸試しをしてみてはいかがだろうか。

(伊佐治龍/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン