ニュース
» 2016年01月08日 21時44分 公開

奈良の常識「マラソンタオル」がTwitterで話題に 奈良「えっ全国じゃないの?」他県「なにそれ天才か」

「奈良なのに知らんぞ」「北海道だけど着たことあるぞ」とさまざまな反応も。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 奈良県の小学校では常識という「マラソンタオル」なるアイテムが、Twitterで話題になっています。奈良出身者の多くからは「え、マラソンタオルって奈良だけなん!?」とローカルネタだったことへの驚きの声が。県外からは「マラソンタオルって初耳だ」と謎のキーワードに食いつく反応が相次いでいます。

マラソンタオルマラソンタオル Twitterの反応をまとめたTogetter記事NAVERまとめも登場

 話題のきっかけとなったのは、関西テレビのバラエティ番組「ちゃちゃ入れマンデー」の1月5日放送。関西のご当地ネタを紹介する「コレってウチだけ!? 関西のご当地ジョーシキ25連発!」という企画で、奈良県民なら冬の学校の常識として登場しました。

マラソンタオルマラソンタオル 関西テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」の1月5日放送紹介ページ

 番組の紹介によると「マラソンタオル」は、奈良県の小学生が冬場にランニングする際、体操服のなかに着こむアイテム。市販のタオルに切れ込みを入れてベストのような形に手作りした、下着のようなものです。児童はこれでランニング中の汗を吸い取り、終わった後に首元からスポっと抜き取ることで、運動後の汗を除くのだそう。鹿児島出身の筆者はとりあえず「マラソン中に首にかけるタオルのこと?」と思ったけど、全然違った!

マラソンタオル

マラソンタオル

 Twitterでは視聴者の反応をきっかけに、マラソンタオルへのコメントが続々飛び出します。全国共通の文化だと思っていた奈良県民は「本当に奈良だけなの?????服の下にタオル切ったやつ入れて走らなかった???」「奈良ではマラソンタオルって当たり前やったんやけど…」「これが奈良県だけだと知って結構衝撃なんだがw」と衝撃。一方で他県の人も文化の違いに驚きながら、「マラソンタオルってなんだよ…奈良県天才かよ」「なんか便利そう(о´∀`о)」と、汗の不快感を解消するメリットに「奈良すげぇ」と注目していました。

 しかしTwitterの投稿を見ると奈良県の小学生みんなが着ているというわけではなく、「奈良県民ですが…知らないっす…」「うちの弟は知らんと言ってたから、奈良市より南部の方かな」と県内でも地域差があるもよう。呼び方も「かけ足タオル」「チョッキタオル」とさまざまです。

 また奈良県だけの文化でもない様子。「スキー授業の時は確かにタオル入れてこいって言われたなー(北海道)」など小学校でスキーの授業がある地域、「奈良県じゃないけど、小学校の時は冬になったらこれ学校で指示されてやってたよ チョッキじゃなく頭通す穴あけただけの貫頭衣スタイルだった@大阪東部」といった関西・近畿・中部地方と、奈良県以外でもマラソンタオルのようなアイテムを着る習慣は存在しているようです。


 しかしどうしてテレビ番組で紹介されるほど、奈良の小学生たちにはマラソンタオルを着用するイメージが定着しているのか。奈良県教育委員会の保健体育課に問い合わせたところ、「県全体の指導方針ではないのですが、確かに『マラソンタオル』のようなタオルを児童に着用させている小学校は奈良県には存在します」と担当者。

「奈良県の多くの小学校では冬の時期に2週間〜1カ月間、『かけ足週間』というものを実施しています。体力向上および『風邪に負けない体を作ろう』という健康づくりの一環で、始業前や2・3時間目の間の休み時間にランニングをする行事です。その際、汗による冷え込みを防ぐ健康面への配慮として、『マラソンタオル』を保護者に用意してもらうよう協力を呼びかけている学校があるのです」

 県内でいつごろから始まり、現在どれほどの学校が実施しているか詳細は不明。タオルの呼び方や作り方も学校によってさまざまですが、もっぱら保護者が協力して手作りしてくれるそうです。今回取材に応じてくれた担当者も、過去に県内のある小学校に勤務した際、「かけ足週間」の前にマラソンタオルの作り方を載せたプリントを配布し、保護者に協力を呼びかけたことがあると話していました。

 どうも奈良県全体が小学校で冬場のランニングを推奨していることと、各学校で先生と保護者が児童の健康を気遣って協力している環境が、奈良に「マラソンタオル」の文化を根付かせているもよう。健康にも良く短時間で脱げるお手軽さ、作り方もかなり簡単。知らなかった地域でも取り入れてみてもいいかもしれません。その土地独自の文化と融合して、新たなローカルタオルが生まれるのもまた一興。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」