ニュース
» 2016年01月10日 21時00分 公開

生きたままクール便でお届け! 焼津市「ふるさと納税」返礼品にオオグソクムシ、飼育するか食べるかはアナタ次第

グソクラスタ「うおおおおおお!」

[haruYasy.,ねとらぼ]

 静岡県焼津市の「ふるさと納税」の返礼品に、深海で暮らす甲殻類の一種「オオグソクムシ」が用意されており、グソクラスタたちの間で注目を集めています。

飼育する? ディナーにする? そ・れ・と・も?(クリックでモザイクが外れます)

 焼津市といえば過去に「オオグソクムシ」を使ったせんべいを企画・販売するなど、グソクラスタの間では神奈川県横浜市にある「ヨコハマおもしろ水族館」に並んで有名なグソ地(聖地)。

 駿河湾で行われる漁で確保した2匹を、生きたままクール便で届けるそう。注文が入ってから漁を行うため、発送までに3週間ほどかかる場合もあるとのことですが、「オオグソクムシ」を育ててみたかったという人、食べてみたいという人、嫁に迎えたいと思っていた人たちにはうれしいチョイスでしょう。

 「焼津深海オオグソクムシ(2匹)」は「ふるさと納税」として、焼津市に1万円以上の寄付を行うことが条件となっており、ふるさと納税支援サイト「ふるさとチョイス」を使った応募も可能です。

ほかにも海産物やお茶などさまざまな返礼品があります

haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響