ニュース
» 2016年01月12日 11時00分 公開

隠れた宮崎名物「なんじゃこら大福」は本当に「なんじゃこら!?」だったねとらぼレビュー

地元の人に愛される宮崎名物「なんじゃこら大福」は、食べると思わず「なんじゃこらー」と言ってしまうお菓子だった。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 宮崎出身と言うと、必ず言われる言葉の1つが名物「マンゴー」。しかし、1つ2万円もするマンゴーは贈答用で、庶民の口にはなかなか入らない。庶民が食べている隠れた宮崎名物と言えば「なんじゃこら大福」だ。

なんじゃこら大福

 「なんじゃこら大福」……ネーミングからしてどんな大福なのか気になるだろう。年末年始に宮崎に帰省した際に、久しぶりに食べてみることにした。

 なんじゃこら大福を販売しているのは「お菓子の日高」。本店は宮崎市の繁華街・橘通りにあり、宮崎駅のお土産品売り場にも入っている。地元では、友達や親戚などへのちょっとした手土産に買って行く人が多い。値段は1個360円(税込)。

 見た目は普通の大福のようだが、大きさは女性のこぶしほどで、一般的な大福より二回りほど大きい。純白の表面は打ち粉がついていてサラッとしている。

なんじゃこら大福 見た目は普通の大福に見える(ただし大きい)
なんじゃこら大福 iPhone5cと比較

 いざ実食。大福の中身はイチゴ、クリームチーズ、あんこ、栗。思わず「なんじゃこら!?」と言いたくなるほど充実したラインアップ。かぶりつく場所によって最初に口に広がる味が違う。筆者がかぶりついた場所は栗だった。

なんじゃこら大福 なんじゃこら!?(実家に中高時代の制服があったので、10年ぶりに制服を着て撮影してみた)
なんじゃこら大福 なんじゃこら大福の断面

 そして、とにかく甘い。脳天を直撃する甘さだ。甘党にはたまらないが、甘いものが苦手な人には少しつらいかもしれない。そこでクリームチーズの出番。クリームチーズのさっぱり感があんこや栗で甘くなった口の中を一掃してくれる。和菓子にクリームチーズだなんて合わないのでは? と思う人もいるかもしれないが、これが不思議と合う。お菓子の日高では「チーズまんじゅう」も出しており、こちらも人気商品となっている。地元の人にとって、和菓子にクリームチーズは受け入れられない組み合わせではないのだ。

なんじゃこら大福 あま〜い!

 完食。ボリュームたっぷりで、1個食べるとお腹いっぱいになる。いろんな味が楽しめるが、人によってはさまざまな具が口の中でケンカをすると感じるかも。

 「なんじゃこら大福」が生まれたのは今から約20年前。「お菓子の日高」で「大福まつり」を開催した際に創作された大福で、人気のあったイチゴ大福、栗大福、クリームチーズ大福を合体させるというアイデアから生まれた。日高の社長の甘党の親友に試食してもらったところ、その友人の第一声が「なんじゃこらー!!!」だったことから、「なんじゃこら大福」と命名されたそうだ。

 なんじゃこら大福は和菓子だが、洋菓子バージョンとして「なんじゃこらシュー」もある。値段は1個594円(税込)。

なんじゃこらシュー なんじゃこらシュー

 なんじゃこらシューはかなりビッグサイズ。なんじゃこら大福より大きい。

なんじゃこらシュー iPhone5cと比較
なんじゃこらシュー
なんじゃこらシュー たっぷりのクリームがのぞいている
なんじゃこらシュー なんじゃこらシューを袋から出して皿に乗せていたところ、実家の飼い猫の寅次郎君が甘い匂いにつられてやってきた

 中身は、小倉生クリーム、栗、苺、クリームチーズ、カスタード。食べる際は両手で持たないといけないほど大きい。

なんじゃこらシュー 断面図。残念ながらうまくイチゴが表面に出るようにカットできなかったが、きちんとイチゴも入っている
なんじゃこらシュー いただきます! 

 シュー生地は柔らかく、小倉生クリームは上品な甘さ。面積としては小倉生クリームの部分が多いので、かぶりついた瞬間に口に広がるのは小倉生クリームの確率が高い。二口目に栗に出会った。なんじゃこら大福はとにかく甘いが、シューの方はそこまで甘さが主張していないので、さっぱりと食べられる。

なんじゃこらシュー なんじゃこらシューに興味津々な寅次郎君と、なんじゃこら大福の粉を口につけたままの筆者

 名前を聞いて「なんじゃこら!」、食べてみてさらに「なんじゃこら!」。二度も「なんじゃこら!」という驚きを与えてくれるなんじゃこら大福。なんじゃこら大福は全国に発送も行っている。気になった人は、「なんじゃこら」を体験してみてほしい。

姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい