ニュース
» 2016年01月12日 11時00分 公開

隠れた宮崎名物「なんじゃこら大福」は本当に「なんじゃこら!?」だったねとらぼレビュー

地元の人に愛される宮崎名物「なんじゃこら大福」は、食べると思わず「なんじゃこらー」と言ってしまうお菓子だった。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 宮崎出身と言うと、必ず言われる言葉の1つが名物「マンゴー」。しかし、1つ2万円もするマンゴーは贈答用で、庶民の口にはなかなか入らない。庶民が食べている隠れた宮崎名物と言えば「なんじゃこら大福」だ。

なんじゃこら大福

 「なんじゃこら大福」……ネーミングからしてどんな大福なのか気になるだろう。年末年始に宮崎に帰省した際に、久しぶりに食べてみることにした。

 なんじゃこら大福を販売しているのは「お菓子の日高」。本店は宮崎市の繁華街・橘通りにあり、宮崎駅のお土産品売り場にも入っている。地元では、友達や親戚などへのちょっとした手土産に買って行く人が多い。値段は1個360円(税込)。

 見た目は普通の大福のようだが、大きさは女性のこぶしほどで、一般的な大福より二回りほど大きい。純白の表面は打ち粉がついていてサラッとしている。

なんじゃこら大福 見た目は普通の大福に見える(ただし大きい)
なんじゃこら大福 iPhone5cと比較

 いざ実食。大福の中身はイチゴ、クリームチーズ、あんこ、栗。思わず「なんじゃこら!?」と言いたくなるほど充実したラインアップ。かぶりつく場所によって最初に口に広がる味が違う。筆者がかぶりついた場所は栗だった。

なんじゃこら大福 なんじゃこら!?(実家に中高時代の制服があったので、10年ぶりに制服を着て撮影してみた)
なんじゃこら大福 なんじゃこら大福の断面

 そして、とにかく甘い。脳天を直撃する甘さだ。甘党にはたまらないが、甘いものが苦手な人には少しつらいかもしれない。そこでクリームチーズの出番。クリームチーズのさっぱり感があんこや栗で甘くなった口の中を一掃してくれる。和菓子にクリームチーズだなんて合わないのでは? と思う人もいるかもしれないが、これが不思議と合う。お菓子の日高では「チーズまんじゅう」も出しており、こちらも人気商品となっている。地元の人にとって、和菓子にクリームチーズは受け入れられない組み合わせではないのだ。

なんじゃこら大福 あま〜い!

 完食。ボリュームたっぷりで、1個食べるとお腹いっぱいになる。いろんな味が楽しめるが、人によってはさまざまな具が口の中でケンカをすると感じるかも。

 「なんじゃこら大福」が生まれたのは今から約20年前。「お菓子の日高」で「大福まつり」を開催した際に創作された大福で、人気のあったイチゴ大福、栗大福、クリームチーズ大福を合体させるというアイデアから生まれた。日高の社長の甘党の親友に試食してもらったところ、その友人の第一声が「なんじゃこらー!!!」だったことから、「なんじゃこら大福」と命名されたそうだ。

 なんじゃこら大福は和菓子だが、洋菓子バージョンとして「なんじゃこらシュー」もある。値段は1個594円(税込)。

なんじゃこらシュー なんじゃこらシュー

 なんじゃこらシューはかなりビッグサイズ。なんじゃこら大福より大きい。

なんじゃこらシュー iPhone5cと比較
なんじゃこらシュー
なんじゃこらシュー たっぷりのクリームがのぞいている
なんじゃこらシュー なんじゃこらシューを袋から出して皿に乗せていたところ、実家の飼い猫の寅次郎君が甘い匂いにつられてやってきた

 中身は、小倉生クリーム、栗、苺、クリームチーズ、カスタード。食べる際は両手で持たないといけないほど大きい。

なんじゃこらシュー 断面図。残念ながらうまくイチゴが表面に出るようにカットできなかったが、きちんとイチゴも入っている
なんじゃこらシュー いただきます! 

 シュー生地は柔らかく、小倉生クリームは上品な甘さ。面積としては小倉生クリームの部分が多いので、かぶりついた瞬間に口に広がるのは小倉生クリームの確率が高い。二口目に栗に出会った。なんじゃこら大福はとにかく甘いが、シューの方はそこまで甘さが主張していないので、さっぱりと食べられる。

なんじゃこらシュー なんじゃこらシューに興味津々な寅次郎君と、なんじゃこら大福の粉を口につけたままの筆者

 名前を聞いて「なんじゃこら!」、食べてみてさらに「なんじゃこら!」。二度も「なんじゃこら!」という驚きを与えてくれるなんじゃこら大福。なんじゃこら大福は全国に発送も行っている。気になった人は、「なんじゃこら」を体験してみてほしい。

姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙