ニュース
» 2016年01月15日 16時12分 公開

駆逐してやるわよ、アララギくん アプリ「ママはストーカー」の狂気があさっての方向に止まらない

どれだけ罪を重ねるつもりだ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 スマートフォン用ゲームアプリ「ママはストーカー」(AppStoreGoogle Play)が、高濃度の狂気を放ちつつ深い罪を重ねています。いろいろと頭のおかしい作品の多い無料アプリ界ですが、こいつは全方向にやべぇぜ!


ママ やばそう

 話は、1人の女子高生が「最近ママが私をずっと追いかけてくる」というちょっとした悩みを打ち明けるところから始まります。えらく若々しいママですが、「最近若返った気がする」とのこと。


ママ 見られてます

 話を進めると、チュートリアルがスタート。ママの周りにガラの悪い感じのお兄さんがうろうろしており、「あのお兄さんをタップしてみて」というので指示通りにしてみました。ママ、お兄さんを手に持ったおたまで一撃KO。アカーン!


チュートリアル一撃 特に理由のない暴力がお兄さんを襲う!

 この光景を見た娘は、「ね、やっつけちゃうの」と一言。「やっつけちゃうの」じゃないんだよ。ダウンしたお兄さんをもう一度タップしろとのことなのでタップしてみると、今度はママがお兄さんを回転蹴りで画面外に吹き飛ばしました。このママ、ストーカー行為よりももっとまずいことしてる気がするのですが……。

 画面内のお兄さんは時間がたつと自動的に補充されていき、一定数のお兄さんを倒すとママのレベルが上がってストーリーが進みます。さっさとレベルを上げたいときは、課金アイテムの「お弁当」を使うと、香りにつられて即お兄さんが最大まで補充されます。なんかやばい物入ってそう。

 レベル2になると、今度はママが自転車に乗って登場。攻撃方法が「おたま」から「食材投げ」に、画面外への吹き飛ばしが「蹴り」から「自転車でひいて吹っ飛ばす」に変化。バイオレンスだ。


食材投げひく 食材を投げて気絶させ、自転車でひいて吹っ飛ばすママ

 これは恐らく、レベルが上がるにつれてどんどん攻撃方法が過激になっていくに違いありません。次は刃物か? 車ではねとばすか? 覚悟を決めて、レベル3にアップ! さてどうなる!?


巨人 おーい!!

 答えは、”巨人化して学校に進撃してくる”でした。

 そうきたかー! その展開は予想してなかったなー! っていうか、アウトー!! 完全にアウトです。ターゲットはお兄さんからどこかで見たことのある髪の短い金髪の人になってしまいましたし、ママは顔こそ変わりませんが、某巨人っぽい体になってしまいました。いかんでしょ。

 ゲーム画面でのママの攻撃方法は、キックに変化。さてどんな方法で画面外に吹っ飛ばすのかなと思い、倒れている金髪をもう一度タップすると……。


食べる むしゃむしゃ

 食った。

 そっかー、そうだよねー。巨人だもんねー。そりゃ人も食うよねー。もう突っ込みきれないよママ……。


娘 それ以上罪を重ねるな

 そのままもりもり金髪を食べまくるママ、レベル4に上がりました。次は超大型にでもなるか、いっそゴジラにあたりに変身するか? さあどうなる?


がはら 某ヶ原さん!

 答えは、「スカートから大量の文房具を出す女子高生になる」でした。そっちかー! それも予想できなかったなー! 明らかに巨大化と順番逆だしなー! そして2アウトォォ!! このママは、一体どこまで罪を重ねれば気が済むのでしょうか。

 ゲームのタイトルなどからママがいろいろとやばい行動をとるゲームなのは覚悟していましたが、まさかこっち方向にやばいとは思ってもいませんでした。まだまだストーリーはこの先も続くようですので、この後どこまで突っ走っていくのか見てみたい方はご自分の手でどうぞ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声