ニュース
» 2016年01月16日 17時31分 公開

猫写真まみれで癒されたい! 猫オンリー写真展「ねこ休み展」が帰ってくる

新顔猫ちゃんたちも登場。

[MIZUKI,ねとらぼ]

 昨年夏に開催され、2週間で約5000人を動員した、猫の合同写真&物販展「ねこ休み展」(関連)が半年ぶりに帰ってきます。参加クリエイター18組、作品数300点以上が展示される、猫好きにはたまらない写真展となります。開催期間は1月29日から2月28まで。

※当初「日本最大級」と書いていましたが、誤解を招く表現でした。お詫びして訂正いたします


画像 猫好きにはまるで天国


 今回は「冬休みの猫」がテーマとなっており、プロ・アマ問わず今人気のクリエイターたちが出展。ネット主体に活躍中のクリエイターが多いため、作品を生で見られるのは貴重です。

 特に注目されているのが、今回が写真展自体に初参加の猫たち。YouTubeで「水を飲むのがヘタな猫」として話題の“きなごむ(きなこ&なごむ)”や、怒り顔が人気の“小雪ちゃん”、残念なイケメン猫“セツちゃん”などの写真が初展示されます。


画像 「水を飲むのがヘタな猫」として話題になったなごむちゃん(matsumotooooooさん作品)

画像 怒り顔が大人気の小雪ちゃん(岡田モフリシャスさん作品)

 また昨年参加し人気となった、しょんぼり顔の“ふーちゃん”や、かご猫写真で人気のshironekoさん、新刊「島ねこぽん」も話題のあおいとりさんらも、新作での参加となり期待を集めています。


画像 しょんぼり顔がかわいらしいふーちゃん(牧野直樹さん作品)

画像 6匹の猫と共に暮らすshironekoさん作品

画像 猫作品集「島ねこぽん」などが話題のあおいとりさん作品

画像 猫キャラ「にゃんことみーこ」が人気のaicoさん作品

 同時に開かれる物販では、限定のコラボアイテムが用意されるほか、ぬいぐるみアーティストRUBIA-ARGYIさんが“ふーちゃん”のぬいぐるみを販売。人気キャラクター「にゃんことみーこ」の作者aicoさんは特設ブースを設置し、もふもふ素材の手触りにこだわった「小豆エコカイロ&カイロ担当みーこ(専用ケース)」を発売予定。その他コラボアイテムは週替わりで販売します。

 さらに先着3000人には、人気イラストレーター・灯さかすさんの書き下ろしオリジナルポストカードをプレゼント。


画像 物販も猫づくし

 毎週月曜が休館日となっていますが、2月22日は猫の日として特別営業。猫の日限定で先着100人にオリジナルステッカーをプレゼントするほか、同日発売される最新刊「ふーちゃん」と人気キャラクター「にゃんことみーこ」専用ブックカバーをセットにして数量限定で販売します。(※2月12日からは会場で「ふーちゃん!」先行販売も実施。ただし先行販売分は専用ブックカバー付属なし)


画像 モフりたい……!

 場所は「TODAYS GALLERY STUDIO」(東京都浅草橋)、入場料は500円。毎週月曜休館日(2月22日除く)。


MIZUKI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた