ニュース
» 2016年01月18日 14時59分 公開

「3000字=270円」でラノベを書いてもらったよ、というブログがいろいろ衝撃的

これで新人賞に応募したいらしい。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 フリーランスのライターさんやデザイナーさんに仕事を発注できる「ランサーズ」というネットサービスがあります。各種媒体の編集者さんにはおなじみのサービスですが、そこで、テンプレ展開なライトノベルの執筆を発注し、それをそのまま新人賞に応募しようという猛者が現れました。


 発注者のx6xoさん(ブログでのハンドル名)は次のようなざっくりとしたプロットを用意して、その通りに書くように依頼しています。

主人公はふとしたきっかけで女の子の下着を見てしまう
女の子は怒って魔法(すごく強い)を使って主人公に襲いかかる
主人公は魔法(周りからは弱いと思われている)を使って女の子の魔法を無力化する
女の子は自分の魔法が効かないことで、更に怒って最大級の魔法を使って主人公を攻撃する
周囲への被害を考えた主人公はその魔法を無理やり止めようとする
その時に女の子の胸を揉んでしまう
女の子の魔法は消える
更に怒った女の子に主人公はビンタされる

 いろんな作品が眼前に浮かんでしまう、まさにテンプレ中のテンプレといった感じのプロットですが、発注を受けた3人の方はそれぞれこれに独自の設定などを肉付けして、それなりにラノベらしい文章を創作。x6xoさんは、それをブログで公開しています。


 これらの応募作品に対するx6xoさんの評価がこちら。

ありそうなラノベっぽいものが完成してしまった。炎使い率高い。ざっくりしたプロットで書いてもらってるからアレだけど、各キャラ、世界観の設定とかまとめて、こういう感じの文章でってのを例として用意しておけばそれなりのラノベが作れてしまいそう。

今回のでどう依頼すればどの程度のものが返ってくるかなんとなくわかたので、一冊の本作って新人賞に応募してみようと思う

 この時点でブログのネタとしての発注が明らかなので、「釣られてたまるか」という気にもなりますが、プロットだけ作って本文は他人に書かせたものを新人賞に応募するという刺激的な発言に反応する「はてブ民」も多数。

 「ちゃんとテンプレラノベっぽい仕上がり」「ほんとにラノベっぽいのできてる」といった作品自体へのコメントのほか、「著作人格権(誰が書いたかという事実)は買い取れない」といった著作権についての指摘や、「新人賞の規約をよく読め」といったツッコミなどもあふれています。確かに、これが新人賞を通ってはいろいろとまずいでしょう。

 なかでも多かったのは依頼金額についてのコメント。今回、3000字以上の文章にすることが条件で、依頼主は高めの金額で依頼を出したと言いますが、その依頼金額はなんと衝撃の「270円」。「これで高めなんだ……」「270円でやってくれるもんなの?」「安すぎてほかにもランサーズ遊びできそう」と、依頼金額の安さと、それで原稿を書いてくれる人がいることに皆さん衝撃を受けている様子でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」