ニュース
» 2016年01月19日 22時08分 公開

第154回芥川賞、直木賞が発表に 芥川賞は滝口悠生さん、本谷有希子さんのダブル受賞

直木賞は青山文平さんの「つまをめとらば」に。

[ねとらぼ]

 第154回芥川龍之介賞、直木三十五賞が1月19日、都内にて発表されました。芥川賞は滝口悠生さんの「死んでいない者」と本谷有希子さんの「異類婚姻譚(いるいこんいんたん)」のダブル受賞、直木賞は青山文平さんの「つまをめとらば」が受賞しました。


芥川賞 芥川賞を受賞した滝口悠生さん、本谷有希子さん(文藝春秋サイトより

直木賞 直木賞を受賞した青山文平さん(文藝春秋サイトより

 滝口悠生さんは1983年生まれ。2011年に「楽器」で第43回新人賞を受賞しデビュー。2015年には「愛と人生」で第37回野間文芸新人賞を受賞していました。

 本谷有希子さんは1979年生まれ。2000年より「劇団、本谷有希子」を主宰し、作・演出を手掛けていました。2007年に「遭難、」で第10回鶴屋南北戯曲賞を受賞、2011年には小説「ぬるい毒」で第33回野間文芸新人賞に輝くなど、戯曲、小説の分野で活躍していました。

 青山文平さんは1948年生まれ。経済関係の出版社に18年勤務した後、92年よりフリーライターに。同年「俺たちの水晶宮」で第18回中央公論新人賞を受賞しましたが、その後創作活動をいったん終了。2011年に創作を再開し、初めての時代小説「白樫の樹の下で」で第18回松本清張賞を受賞していました。

 なお芥川賞のダブル受賞は、第153回(又吉直樹さん「火花」と羽田圭介さん「スクラップ・アンド・ビルド」)に続き、これで2回連続となりました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」