ニュース
» 2016年01月23日 21時38分 公開

「ゼルダの伝説 時のオカリナ」を本物のオカリナでプレイ 海外ファンの無謀な挑戦

即興ライブ感もある!?

[Jun,ねとらぼ]

 ニンテンドー64の名作「ゼルダの伝説 時のオカリナ」を、実物のオカリナを演奏しながらプレイする動画が話題になっています。オカリナの音階がコントローラのボタンにそれぞれ対応しており、移動や攻撃、メニュー操作など、すべての行動をオカリナの音で行う仕組み。ポ、ポ、ポピピピ〜、とオカリナを吹きながら、次々と襲いかかる難関を一生懸命クリアしていきます。

 もともとはMonotoneTimさんがライブストリーミング配信プラットフォーム「Twitch」上で配信していたもの。YouTubeでもその様子が公開されています。



 これまでにもゲームを声で操作したり(関連記事)、鼻リコーダーで操作したり(関連記事)といった、音声でゲームを操作する動画を紹介してきましたが、今回の動画はゲームのタイトルにもなっている「オカリナ」を実際に使っているのがポイント。テーマともばっちりマッチしていて、より一体感が感じられる動画になっています。

 動画では約6時間かけて、ドドンゴの洞窟をクリアするまでプレイ。ゲームの場面に応じて旋律が変化するので、まるで即興ライブを聞いているような、不思議な緊張感も漂ってきます。


画像 オカリナサウンドで戦うリンク

画像 チャンスだ! 連打で切り込め! ポポポポポポポポ……

画像 Aボタンを長押し? プ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像 ゲーム中の演奏も「リアル」オカリナで!

 動画では演奏しているオカリナは映っていませんが、説明によると、ちゃんと「時のオカリナ」モデルのオカリナを使用してプレイしているそう。また、どの穴を押さえるとどの操作になるのかといった演奏方法の解説もしています。


画像 MonotoneTimさんが動画で紹介していたオカリナ(Amazon.comより)。まったく同じではないものの、これと似たモデルを使用しているそう

 MonotoneTimさんは、「ノスタルジックな思い出にひたりながら、一緒に肺活量を鍛えましょう」と動画説明文でコメント。激しい戦いでは演奏もヒートアップするので、応援するほうも息をプ〜プ〜してしまいそうですね。


(Jun)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた