ニュース
» 2016年01月28日 20時00分 公開

近未来感にあふれて胸が熱くなる! 難易度の高いコースでドローンの操縦テクニックと速さを競う世界大会がアメリカで開催

映画の予告編かな?

[高城歩,ねとらぼ]

 ドローンを用いて操縦テクニックと速さを競うレースのワールドチャンピオンシップ大会がアメリカで初開催されます。予告動画がすでに胸熱です。


ドローンレース か、かっけー!!!

 DRL(Drone Racing League/ドローンレーシングリーグ)は全6戦。今シーズン第1戦は2月にマイアミのサンライフスタジアム、第2戦はロサンゼルスで開催されることがすでに告知されています。なお、2016年に初開催となるDRL世界大会は各レースで順位に応じて与えられるポイントを一番多く獲得したパイロットがチャンピオンとなるシステムなのだそうです。

 出場選手(パイロット)は4人がエントリー。ドローンを手に持ち、「かかってこいや」とでも言いたげな余裕の表情。海外ファイターは貫録が違う……。


ドローンレース DRLの公式サイトより。強い(確信)

 公開されているDRLの予告動画は、まるで映画の予告編のような出来栄え。パイロットがHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着し、コントローラーを手に、自慢の相棒・ドローンを操る様子は神業の連続。スタジアムに設置された障害物をくぐり抜け、室内の曲がり角では華麗に弧を描き、もくもくと立ち上るスモークから飛び出すドローンの疾走感にクラクラしそう。「これフルCGじゃないの!?」と疑いたくなるようなスペクタクルに満ちています。

DRL: The Sport of the Future | Drone Racing League

ドローンレース スタジアムを駆け抜ける

ドローンレース 映画のワンシーンみたいだ

 障害物が多いコースに対応できるよう、エンジニアの手によってレース専用にカスタマイズされたドローン。なんと各ドローンには100ものLEDが取り付けられており、カラフルに発光することによって、観戦者が容易に各機体の区別をつけることができるといった工夫もなされているとか。これはレース観戦も盛り上がること間違いなし。


ドローンレース コーナーをうまくまわり、スモークから飛び出すドローン

ドローンレース 障害物にぶつかることも。迫力がすごい

 第3戦以降の情報は随時DRL公式サイトで更新されていくとのこと。世界チャンピオンを競うハイレベルな戦いの行方が楽しみですね! 大迫力で展開されるドローンレースは、もしかしたら近い将来にエクストリームスポーツとして定着するかも……? 

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」