ニュース
» 2016年02月04日 10時46分 公開

「ポテフと略す?」「初耳です」 ポテトフライの東豊製菓がアニメ「だがしかし」ファン向けQ&A公開

最後の空白を反転させると隠し文が出現。

[コンタケ,ねとらぼ]

 駄菓子「ポテトフライ」などを手掛ける東豊製菓が、漫画・テレビアニメ「だがしかし」ファンに向けたQ&Aを公開しています。「ポテトフライ」の初歩的な疑問から作品内での扱いまで、全5つ(+1つ)の質問に回答しています。


Q&A 東豊製菓が公開している「ポテトフライについてよくあるご質問について」(画像は公式サイトより)

 「だがしかし」は、駄菓子屋の息子「鹿田ココノツ」と、駄菓子を愛してやまない「枝垂ほたる」たちの日常を描いた作品。現在、テレビアニメを放送中です。


だがしかし 「だがしかし」キービジュアル

 Q&Aの中で面白いのがQ4とQ5で、Q4は「ポテトフライを『ポテフ』と略しますか?」という質問。これは作品内で「枝垂ほたる」が、「ポテフ」と略していたことによるもので、回答は、「初耳でした。流れにのって弊社もそう呼んだ方がよろしいでしょうかね?」とのことです。公式な略し方じゃないどころか、東豊製菓としても把握していない呼び方だったことが判明。ぜひこれを機に、正式略称として採用してほしいところです。

 続いてQ5は、「重ね食いはしますか?」というもの。こちらも「枝垂ほたる」が“最もぜいたくな食べ方”として、袋の中身4枚を重ねて一気に食べる技を披露したことによります。こちらの回答は、「推奨は致しません。一度に口に入れるとポテトフライで口の中を傷つけたり、ノドを痛める可能性がございます。御注意ください」でした。どうやら、意外と危ない食べ方だったもよう。「枝垂ほたる」なら多少の傷ぐらい気にも止めなそうですが、まねしないほうが良さそうです。

 さらに、下の方の空白部分を反転させると、隠された文章が。「まぁ2枚重ねてかじるくらいならやることはありますが…。そもそも直径が大きいので3・4枚を一口で入れるにはかなり無理があります。ほ○るさん恐るべし(−−;;」と、顔文字付きで重ね食いの難しさについて語っていました。作った人も驚きの技だったようです。

 さらに隠し文は続き、「Q6:ポッチ君はほ○るさんのことをどう思っていますか?」という質問が。その回答は、「(///ω///) ココ○ツ君に悪いのでノーコメントです(/ω・\)」とのこと。やかましいわ。


反転 反転させると表示される隠し文

 なんとも、作品愛を感じるQ&Aとなっていますね。読んでいるうちに、ポテフが食べたくなってくるかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10