ニュース
» 2016年02月08日 08時32分 公開

カニ+戦車とは一体…… 原型を実物から取ったらリアル&予想以上にカッコいいワンフェス2016[冬]

原型を実物から! そんなのもあるのか……。リアルな手触りが新感覚です。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 魚類やエビ、カニといった甲殻類を「金属化」する製作所「イワシ金属化」さんのブースで、カニと戦車の奇妙なコラボ模型を発見しました。


IV号カニIV号カニ内部 予想以上にかっこいい! 内部はちょっとコワいけど、非常にリアル


 今回カニと合体したのは、アニメ「ガールズ&パンツァー」であんこうチームが乗っているものと同じ、第二次世界大戦中にドイツで生産された「IV号戦車」。別ブースで展示されていた本物のIV号戦車(参考記事)もいいですが、こちらは別の方向で迫力があります。

 アゴのあたりから砲身が伸びていたり、甲殻や脚には元の戦車にあるような司令塔や増加装甲が装着されています。カニ本来の無機質な生物っぽさと相まって、これはキメラとか、映画「ゴジラ」シリーズに登場するメカキングギドラのような強敵っぽさをかもし出しています。ブースの目印として置いていたため商品ではありませんでしたが、もし商品化となったらかなりの値段になっても買っちゃいそうなクオリティ。


カニ金属 自在置物を彷彿(ほうふつ)とさせる、金属化されたトラフカラッパ(カニの仲間)。実際に触ると甲殻のゴツゴツした感じがはっきり分かります

 さて、そんなカニ戦車や、商品である「魚類や甲殻類の金属化」のための原型は、まさかの実物から取られているそうです。なるほど、実物だからこそ、この甲殻の自然物っぽいゴリゴリした、ゴツゴツした感じが出るのか。そこで実際に店主さんへ「どうしてこのような模型を制作するに至ったのか?」と尋ねてみたところ、「直感と感覚のノイズを拾った結果、こうなった」とコメントをいただきました。

 んんん! 少しレベルの高いコメントですが、模型はどれも完成度が高く、実際に手にとってじっくり見たくなる一品です!


(今藤祐馬)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響