ニュース
» 2016年02月08日 18時30分 公開

「原爆」「特攻」など、6つの視点から戦争マンガを読み解く「マンガと戦争展」 米沢嘉博記念図書館で開催

こうの史代さん、おざわゆきさん、今日マチ子さん、西島大介さんの原画展示も。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 戦後70年の節目を迎えた2015年に京都国際マンガミュージアムで開催された「マンガと戦争展」の巡回展が、2月11日から6月5日にかけて明治大学・米沢嘉博記念図書館で開催されます。

マンガと戦争展巡回展、2月11日から米沢嘉博記念図書館にて開催(マンガと戦争展公式サイトより) 2月11日から米沢嘉博記念図書館にて開催(マンガと戦争展公式サイトより)

 「戦中派の声」「特攻」「原爆」「満州」「沖縄」「マンガの役割」という6つのテーマをそれぞれ4象限に分け、それぞれに当てはまる1作ずつ、全24作の戦争マンガを、パネルと参考資料を使って紹介。テーマごとに方向性の違うマンガが生まれたことを示すことで、戦争を捉える視点が多岐にわたっていることを伝えようというのが展覧会の狙い。

マンガと戦争展では6つのテーマをそれぞれ4象限で分け各作品を紹介(マンガと戦争展公式サイトより) 6つのテーマをそれぞれ4象限で分け各作品を紹介(マンガと戦争展公式サイトより)

 「戦中派の声」では「総員玉砕せよ!」(水木しげる)、「ロボット三等兵」(前谷惟光)など、「特攻」では「積乱雲」(里中満智子)、「君死に給うことなかれ」(花村えい子)など、「原爆」では「はだしのゲン」(中沢啓治)、「地獄」(辰巳ヨシヒロ)など、「満州」では「家路 1945〜2003」(ちばてつや)、「虹色のトロツキー」(安彦良和)など、「沖縄」では「ひめゆりたちの沖縄戦」(ほし☆さぶろう)、「cocoon」(今日マチ子)、「マンガの役割」では「神風特別攻撃隊」(葉剣英)、「戦争論」(小林よしのり)などが紹介されています。

 また、こうの史代さん、おざわゆきさん、今日マチ子さん、西島大介さんの原画展示を会期中4期に分けて展示していくほか、出展作家や吉村和真・京都精華大学教授らによるトークイベントの開催も予定されています。

「戦争マンガ」を発表している3人と、+α視点としてベトナム戦争を描いた「ディエンビエンフー」の西島大介さんの原画を4期に分けて展示(マンガと戦争展公式ポスターより) 「戦争マンガ」を発表している3人と、+α視点としてベトナム戦争を描いた「ディエンビエンフー」の西島大介さんの原画を4期に分けて展示(マンガと戦争展公式ポスターより)

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる