ニュース
» 2015年12月22日 20時00分 公開

「手塚治虫文化祭」特別対談 上條淳士×手塚るみ子が語る“漫画”と“吉祥寺”と“手塚治虫”(1/2 ページ)

漫画の神様の娘と神様に影響を受けた漫画家、二人から見た手塚治虫。

[執筆:穂坂拓麻、撮影:桐木憲一,ねとらぼ]
上條淳士さんと手塚るみ子さん 上條淳士さんと手塚るみ子さん

 2015年12月17日〜23日の1週間、吉祥寺「リベストギャラリー創」にて開催されている「手塚治虫文化祭」。漫画家・手塚治虫の作品やキャラクターをモチーフに、出展者それぞれが手塚作品へのオマージュを込めて、オリジナルアイテムを製作・展示販売するというイベントだ。

 第1回目となる今回の出展作家は17人。江口寿史さん・上條淳士さん・島本和彦さん・寺田克也さん・古屋兎丸さんなど、それぞれ多くのファンを持つ豪華メンバーが参加している。

 イベントの開催を記念して、「手塚治虫文化祭」主催者である手塚るみ子さんと、今回出展者として参加する「TO-Y」「SEX」などの代表作を持つ漫画家の上條淳士さんとの特別対談が実現。“漫画” “手塚治虫” “吉祥寺”など共通のキーワードを元に、クロストークが始まった。

「手塚治虫文化祭」会場の様子


上條さんの出展Tシャツ「奇子とメルモ」

10代を過ごした思い出の地、吉祥寺

―― 手塚さん、上條さんの出会いのきっかけは?

上條 3年くらい前(2012年)にリベストギャラリー創で開催した30T展(江口寿史さん主宰のTシャツ展。30人クリエイターがオリジナルTシャツを出展。2011年から2014年まで計4回開催された)に、るみ子さんが来場してくれたのがきっかけです。その前にTwitterで挨拶だけしてたんですけど。

手塚 会場となったリベストギャラリー創の前は何度も通り掛かっていたんですが、上條先生が30T展に参加されると知ったのはTwitterでしたね。

上條 るみ子さんも、10代のころを吉祥寺で過ごしたんですよね?

手塚 通っていた学校が成蹊学園で吉祥寺だったので地元のような感覚です。上條さんも吉祥寺が地元ですよね?

上條 僕も高校が吉祥寺だったんですよ(笑)。過ごした年代が一緒だから吉祥寺のどこかですれ違ってますよね。

手塚 同世代なので恐らく制服姿ですれ違ってますね(笑)。学校は制服着用だったんですか?

上條 自分の学校の制服はブレザーでした。学生時代はさぼってばかりいました(笑)。電車通学だったんで、朝、吉祥寺に着くとブレザーを脱いでシャツ姿のまま喫茶店で過ごして、午後から学校に登校して過ごしました。そんなことしてたら2年の時に「単位が足りない」って呼び出されたりしました。一人でプラプラするのが好きで、喫茶店じゃない時はだいたい映画館にいました。

手塚 きっとどこかですれ違ってますね。

上條 「くぐつ草」(吉祥寺にある老舗喫茶店)とかで絶対会ってますよ。

手塚 吉祥寺が地元高校と伺ってすごくうれしいです。学年も一つ違いですし、Twitterにあげていた上條先生自身の若いころのパンクファッション姿の写真がすごくかっこよくて。「TO-Y」そのままですね。

上條 ファッションパンクですよ(笑)。

上條淳士さん 上條淳士さん

手塚 漫画はそのころから描いていたんですか?

上條 高校では漫画部の部長だったんですよ。最初、美術部に入ろうと思ったんだけど、クラブを立ち上げた方が面白そうだなと思って。世代が被っていないので面識はありませんでしたが、5歳下の松本大洋くん(漫画家、代表作「ピンポン」「鉄コン筋クリート」など)は同じ学校の後輩でした。

 漫画部を創立した高校2年の時、先生に顧問になってもらうため新入生へクラブ説明会を行ったら50人くらい集まって創立できたんですけど、その時はまだ漫画を描いてなかったんですよ。ちゃんと漫画を描き始めたのは高校卒業してからで、漫画部は部室として使わせてもらっていた美術部の共有スペースをサロン化させてダラダラ過ごしていました。美術部員から「邪魔だなぁ」って、嫌がられていたと思います。

手塚 上條作品を拝見したのは大学生のときで、それまで少女漫画をたくさん読んでたんですが本屋でコミックスの表紙に一目ぼれして一気読みしてしまいました。「なんてかっこいい漫画だろう!」と。漫画を読んでいて音楽が聞こえる作品はほかにもありましたが、こんなに紙面からビートの響く漫画はありませんでした。

手塚るみ子さん 手塚るみ子さん

上條 僕の見てきたものと、るみ子さんが見てきたものが近い気がします。映画や演劇や音楽にしても10代のころから色んなジャンルのものを見てきていると思うし、僕もいろいろなものを好きで見てきたから、シンパシーを感じます。

手塚 パンクミュージックが好きというわけではなく、社会現象としてのパンクがとても好きだったんですが、中でも「TO-Y」みたいな作品はほかに無かったですね。

上條 10代のころに何に興味を持っていたか? というのはとても大事だと思うんですけど、10代のころに吉祥寺の風景に二人ともいたというのがすんなり今につながってる気がします。

手塚 「TO-Y」に登場するヒデローの髪型にしたくて、美容室へ「TO-Y」のコミックスを持っていって「これにしてください」って頼んでました。「漫画は角度によって髪型が変わるからな〜」ってよく言われたんですけど、吉祥寺にある「連獅子」という美容室では「分かりました」という感じで切ってくれました。

上條 「連獅子」ね!

手塚 やっぱりかっこいいんですよね。女性のパンクってイメージしづらかったんですが、「TO-Y」を見て「あ、これだ!」って。

地元・吉祥寺の街を歩く手塚さんと上條さん 地元・吉祥寺の街を歩く手塚さんと上條さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」