ニュース
» 2016年02月12日 12時54分 公開

さすがうどん県 「四国新聞」朝刊トップが重力波でも円急騰でもなく「うどんの価格上昇」でTwitter民うなずく

ノーベル賞級の功績よりも日本経済よりも、うどんが大事。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 2月12日、重力波の初観測や円の急騰が各朝刊のトップニュースを飾るなか、香川県の地方紙「四国新聞」はうどんの平均価格の上昇を朝刊一面で最も大きく報じていることが、Twitterで「うどん県すごい」と話題になっています。

うどん県 「かけうどん235.7円」の見出しが目立つ2月12日朝刊(四国新聞 電子配達版より)

 四国新聞も各紙と同じように一面には、米研究チームが重力波の初観測に成功した功績や、円が外国為替市場で一時110円台にまで急騰したことを掲載しています。しかし中央最上段には「かけうどん235.7円」の見出しがデカデカと。県内のうどん店を100店調査した結果、かけうどんの平均価格の値上がりが分かったという記事をトップニュースとして載せました。さすがはうどん県をエリアとする唯一の県紙、まったくぶれていません。

 Twitterでは「香川県民にとって、重力波よりも円高よりも大切なこと」「世紀の発見よりかけうどんの値段が1面トップにくる新聞があるらしい」と、香川県民におけるうどんの価値の高さを示すものとして今回の一面が話題に。「昔、年貢はうどんで納めてたと言われても信じるレベル」など県民のうどん愛にあらためて驚く声も上がっていました。

うどん県 四国新聞のニュースサイトには「うどん」カテゴリも

 四国新聞によるうどん店の価格調査は2014年の増税時にも行っており、今回限りではない定期的な調査のようです。ちなみに、四国新聞のニュースサイト「SHIKOKU NEWS」の記事カテゴリには、「全国ニュース」「スポーツ」「天気」などに混じって、「うどん」というカテゴリが何食わぬ顔で並んでいます。なにこの不思議な日常……うどん県の名は伊達じゃありません。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」