ニュース
» 2016年02月12日 20時24分 公開

本物の味を目指し「鳩サブレー」を自作するブログが情熱的 2008年から8年間作り続ける

2015年からは本物以上の味を目指す「シーズン2」に突入。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2008年から豊島屋の「鳩サブレー」の味を目指し自作し続けている個人ブログ、「わくわく何でもチャレンジ♪」が情熱的と話題になっています。自作した回数は66回で、現在の最新「鳩サブレー」制作は2016年1月25日。いまだに現役です。


わくわく何でもチャレンジ 「鳩サブレー」を作り続ける個人ブログ「わくわく何でもチャレンジ♪」

 事の始まりは、約8年前の2008年6月3日。「鳩サブレーを自分で作れないものか?」と挑戦してみたところから全てが始まりました。第1弾は「ググッて出てきた原材料を適当に混ぜ合わせる」「オーブンもオーブントースターもないので魚用グリルを使って焼く」というアバウトぶり。完成品は「20点」というありさまでした。


第1弾 第1弾。見た目は悪くないが……

 それからも「鳩サブレー」を作り続け、少しずつ上達していく管理人の「わくわく」さん。長らく魚用グリルを使い続けていましたが、2009年6月8日の第35弾にしてついにオーブンを購入するなどどんどん本格的になっていきます。

 そして2015年4月10日、第60弾にしてついに90点の完成度に達した「自作鳩サブレー」。第61弾からはついに、“本物を目指す”のではなく、“本物を超える”に目標を変更した「シーズン2」がスタートしました。なんか壮大! 自作「鳩サブレー」への挑戦は、まだまだ続きそうです。

 ネット上ではこのブログに対し、「超上達してて笑う」「(シーズン2が始まったことを受けて)新たな世界に旅立たれました」「完全再現への試行錯誤が見れてとても面白い」といった声が上がっていました。まさに継続は力、ですね。











 もはや、「鳩サブレー職人」といっても差し支えなさそうな「わくわく」さん。ぜひ一度、オリジナル「鳩サブレー」を味わってみたいものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン