ニュース
» 2016年02月15日 16時01分 公開

竹書房のサジェストが「ポプテピピック」のせいで“指定暴力団”に なおその前は“倒産”だったもよう

※普通の出版社です。

[コンタケ,ねとらぼ]

 雑誌「近代麻雀」や「まんがくらぶ」を出版する竹書房のGoogle検索サジェストの最上位が、現在“指定暴力団”になっています。同社の営業本部長である竹村響さん(@pinkkacho)が、Twitterで明かしました。なにそれこわい。




指定暴力団 この通り


指定暴力団 Twitterに至っては「して」で出てきてしまう

 原因は「某漫画」のせいとのことですが、これは同社のWebコミックサイト「まんがライフWIN」で連載していた4コマ漫画「ポプテピピック」(関連記事)のことかと思われます。同作品では主人公のポプ子ちゃんが竹書房の看板に“指定暴力団”とマジックで書き足すネタがあり、過去に公式Twitterがこのネタを投稿したことがありました。



 同作品内でも比較的完成度の高いネタだったこともあり、このツイートは1万2000件以上リツイートされています。また、「竹書房」の部分を別の社名に書き換えるコラ画像がネット上に多く出回っており、使い勝手のよさも評価されているもよう。ソーシャルゲームのガチャで爆死したときなど、よく使われいるようです。

 「とびっきりのクソ4コマ」というキャッチコピーのもと単行本も出版された「ポプテピピック」ですが、打ち切り後もなお影響を残し続けるあたり普通の漫画にはない魔力のようなものを感じます。


単行本 ヤバさしか感じない「ポプテピピック」単行本の表紙(画像はAmazonより)

 ただし、サジェスト1位が「指定暴力団」になる名前は「倒産」だったらしく、竹村響さんも「現実に巻き起こった究極の選択になにかと複雑な気持ちでいる」「まあ選べもしなかったわけですが」と語っています。闇が深い……。サジェストはあくまでも「ポプテピピック」のせいであり、竹書房は普通の出版社ですので変な勘違いを起こされませぬよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」