ニュース
» 2016年02月15日 16時01分 公開

竹書房のサジェストが「ポプテピピック」のせいで“指定暴力団”に なおその前は“倒産”だったもよう

※普通の出版社です。

[コンタケ,ねとらぼ]

 雑誌「近代麻雀」や「まんがくらぶ」を出版する竹書房のGoogle検索サジェストの最上位が、現在“指定暴力団”になっています。同社の営業本部長である竹村響さん(@pinkkacho)が、Twitterで明かしました。なにそれこわい。




指定暴力団 この通り


指定暴力団 Twitterに至っては「して」で出てきてしまう

 原因は「某漫画」のせいとのことですが、これは同社のWebコミックサイト「まんがライフWIN」で連載していた4コマ漫画「ポプテピピック」(関連記事)のことかと思われます。同作品では主人公のポプ子ちゃんが竹書房の看板に“指定暴力団”とマジックで書き足すネタがあり、過去に公式Twitterがこのネタを投稿したことがありました。



 同作品内でも比較的完成度の高いネタだったこともあり、このツイートは1万2000件以上リツイートされています。また、「竹書房」の部分を別の社名に書き換えるコラ画像がネット上に多く出回っており、使い勝手のよさも評価されているもよう。ソーシャルゲームのガチャで爆死したときなど、よく使われいるようです。

 「とびっきりのクソ4コマ」というキャッチコピーのもと単行本も出版された「ポプテピピック」ですが、打ち切り後もなお影響を残し続けるあたり普通の漫画にはない魔力のようなものを感じます。


単行本 ヤバさしか感じない「ポプテピピック」単行本の表紙(画像はAmazonより)

 ただし、サジェスト1位が「指定暴力団」になる名前は「倒産」だったらしく、竹村響さんも「現実に巻き起こった究極の選択になにかと複雑な気持ちでいる」「まあ選べもしなかったわけですが」と語っています。闇が深い……。サジェストはあくまでも「ポプテピピック」のせいであり、竹書房は普通の出版社ですので変な勘違いを起こされませぬよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む