ニュース
» 2016年02月18日 19時11分 公開

異色のマスキングテープとして話題の「ナスカの電子回路」 職人が本気出しすぎな製造の裏側を公開

電子回路の箔押しは職人の「目視」。

[たろちん,ねとらぼ]

 Twitter上で大きな反響を呼び本当に商品化することが決定した異色のマスキングテープ「ナスカの電子回路」(関連記事)。来週からいよいよ出荷が始まるこのテープの製造元であるコスモテックのブログで、壮絶な製造工程のもようが公開されています。

ナスカの電子回路 ナスカの電子回路

 まずは緑色の基盤部分のテープを作成。元となる特大ロールは一巻き600メートルで、予備分も含めて1万メートルもの量を印刷したそうです。

ナスカの電子回路 600メートル分の特大ロール

ナスカの電子回路 積み上げた様子は圧巻

 次に銀箔と金箔を押して電子回路の部分を作っていきます。ここで重要になるのが最初の箔押し位置を決める「具合出し」という作業。この位置が少しでもずれていると工程を進めるごとにどんどんずれが大きくなってしまうため、「具合出し」には数時間かかることもあるのだとか。しかも調整は職人が目視で行っているのだそうです。職人すげえ……!

ナスカの電子回路 銀箔と金箔を押して電子回路部分を表現

ナスカの電子回路 箔押し後の銀箔には電子回路の形の跡が

ナスカの電子回路 繊細な箔押し位置を決めているのは職人の「目」

 銀箔を押して一度巻き直し、金箔を押してさらに巻き直すと図案がプリントされた「ナスカの電子回路」が完成。さらに特大ロールから製品サイズの紙管に20メートルずつ巻き直していき、最後に仕上がり幅の30ミリにカットしてようやく完成。これも職人が定規を使い目で見て丁寧に位置を決めています。繊細な作業を機械ではなく人間がやっているということに驚かされます。

ナスカの電子回路 製品のサイズに巻き直していきます

ナスカの電子回路 紙管に巻き直した状態。これを仕上がり幅でカットすれば完成です

 現在は手作業での梱包作業に入っており、2月22日ごろから出荷予定。完全受注生産で既に受付は終了しており、約700個の注文があったとのこと。1個5000円という高額で以後増産は行わないという貴重さからもったいなくて使えないという人が多いですが、購入者からはスマートフォンやゲーム機に貼って電子回路が露出しているかのように演出したり、逆にアナログな文房具屋ブックカバーなどに貼ってギャップを楽しむといった案も出ているようです。

ナスカの電子回路 スマートフォンに使用した例。なにこれかっこいい……!

 これだけやっても「正直もうからない」とのことですが、職人たちは後世に残る製品を作りたいという思いで今回一肌脱いでくれたのだそう。ネット上では企画の発表段階から大きな反響と応援の声が寄せられており、コスモテックのブログには「ものづくりの末端、印刷工程における末端であるコスモテックが、今回のように多くの皆さんから、そして、印刷業界に馴染みのない一般の方々からもお声を頂くケースは非常にレアです」と喜びがつづられています。

たろちん

関連キーワード

回路 | 職人 | 印刷 | Twitter


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news150.jpg 岡副麻希、愛車“ドラえもん号”をチラ見せ 夫の指導で「や〜っと! まっすぐ停められるように…笑」
  2. /nl/articles/2205/24/news195.jpg 華原朋美、プロメイクでの“劇的若返りショット”が驚き呼ぶ 「あの頃のともちゃん」「憧れていた華原朋美さんが蘇った!」
  3. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  4. /nl/articles/2205/24/news208.jpg 漫画家・冨樫義博さんがTwitter開設か 『ワンパンマン』村田雄介さんからの“本人確認”報告も
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/24/news141.jpg BIGBOSSに続くブーム到来? 日ハム、魅惑のチアパフォ「きつねダンス」に中毒者が続出する
  9. /nl/articles/2205/25/news092.jpg 佐田真由美、27年前の写真にセルフツッコミ「整形ばりに顔が違う」 ティーン時代のフレッシュな歌唱姿を公開
  10. /nl/articles/2205/24/news185.jpg 写真から人やモノを“一瞬”で消せるツールが「超便利」と話題に→実際にやってみたら本当に“一瞬”だった

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響