ニュース
» 2016年02月18日 22時43分 公開

命が危ないほど毛がもこもこすぎたヒツジ 刈られた毛41キロが豪国立博物館で展示されることに

刈られた毛の量はギネス世界記録も大幅に更新しました。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 昨年9月にオーストラリアで保護され話題となった、毛をもこもこに生やし過ぎたヒツジ(関連記事)。刈り取られた毛は41.1キロとギネス世界記録を12キロ以上更新したのですが、2月17日(現地時間)にオーストラリア国立博物館は動物保護団体・RSPCA ACTと共同で、この羊毛を館内コレクションの1つとして展示することを発表しました。世界中から注目を集めたもこもこ、伝説となる。

もこもこ 展示される羊毛(博物館公式サイトより。Photo:Jason McCarthy)

 クリスと名付けられたそのヒツジは、RSPCA ACTが発見したところ命に危険が及ぶほど大量に毛が生えていたため、急きょSNSで毛刈り職人を募集することに。約4時間で国内の毛刈りチャンピオンが名乗りでたことで翌日には無事にほとんどの毛が刈られました。当時SNSで公開されたクリスの写真が衝撃だったことや、刈られるまでの経緯が劇的だったことから、世界中のメディアが報じて熱い視線を浴びることに(関連記事)。

もこもこ 刈られる前のクリス。完全に別の生命体に

 記録破りの羊毛を展示できることについて博物館館長・Mathew Trincaさんは、「現代の飼い慣らされたヒツジが自分の毛が減らないよう育てられていることや、定期的に毛を刈らないとヒツジに何が起こるのかを、クリスは身を持って教えてくれた。彼のエピソードは、オーストラリアの動物の幸福においてRSPCA ACTが重要な役割を担っていることも物語っている。毛皮を博物館に収蔵できることをうれしく思う」とコメント。

 RSPCA ACTのCEO・Tammy Ven Dangeさんは、「これだけの毛を5、6年身にまとって生き延びたなんてどんな動物でも信じられないだろう」と、その毛の多さに驚愕(きょうがく)。「羊毛はすべて保存し、動物の幸せはどれほど人間に依存しているのか思い出させるものとして展示されるべきだ。オーストラリア国立博物館はこの国の歴史を伝える素晴らしい牧羊業のコレクションをそろえている。クリスの膨大な羊毛を引き取る相手としてもっともふさわしいパートナーだ」と語っています。

 日本でも話題になったあの羊毛が今後オーストラリアの公共の場で展示され続けるというのは、旅行者にとってもうれしいニュース。なお、現在クリスは元気いっぱいに回復し、豪ニューサウスウェールズ州の牧場でほかのヒツジと仲良く暮らしています。博物館の公式ページでは牧場を走り回っている動画を公開。並の量の毛をふさふさと揺らしています。

もこもこ 現在のクリス。元気そうで何より!!

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  7. /nl/articles/2205/26/news104.jpg 「10代可愛いすぎる」「ギャルや〜ん」 矢田亜希子、日焼け×ミニスカ×ルーズソックスの“ギャル女子高生”時代に反響
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news014.jpg 腕枕が大好きなワンコ、飼い主が寝返りを打つと…… ラブラブなやりとりに「中身…人間!?」「こんな彼女が欲しい」の声
  10. /nl/articles/2205/26/news140.jpg 「ドクターX」とのギャップがすごい! 米倉涼子、西田敏行との“ハグショット”に「大門先生と蛭間院長」「切り離せない仲」と反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響