ニュース
» 2016年02月19日 11時32分 公開

「なかよし」「りぼん」など女児向け雑誌ふろくから発がん性物質検出相次ぐ 使用中止と回収を急ぐ

発売を予定していた雑誌もネイル&リップセットを付録にしていたために念のために発売中止に。

[ねとらぼ]

 講談社は「おともだちピンク」2014年11月号のふろく「ピンクマニキュア」1本と、「なかよし」2015年1月号のふろく「グリッターネイル」2本セットの1本から、国内の化粧品基準では配合が認められていない発がん性物質のホルムアルデヒドが検出されたとして使用中止を呼び掛けるとともに、回収をはじめる準備をしていることを明らかにした

女児向け雑誌ふろくに発がん性物質 対象のふろく

 製造販売元とともに行った発売前の検査では検出されていなかったが、厚生労働省の登録検査機関であらためて検査を行った結果、ホルムアルデヒドがごく微量検出された。原因については調査中とのこと。同成分に対して敏感な体質の場合、爪が変色したり触れた肌が一時的に赤くなったりするなど、アレルギーのような反応を起こす可能性があるが、現在のところ健康被害は報告されていないという。

 今回の検出に伴い、講談社は3月15日に発売を予定していた「たのしい幼稚園」4月号増刊「ひめぐみvol.33」の付録がネイル&リップセットだったため発売を中止すると発表した。安全検査を2回行い、どちらでもホルムアルデヒドの検出は認められていないが、「自社出版物の過去の付録からホルムアルデヒドが検出されたことを重く受け止め、読者の安全を第一に考えた結果」と説明している。

女児向け雑誌ふろくに発がん性物質 「ひめぐみvol.32」表紙。予定していた次号は発売中止に……

 また、集英社の「りぼん」も2015年7月に発売した8月号のふろく「シャイニーネイルカラー」2本セットの1本からホルムアルデヒドが検出されたと報告している。国民生活センターの商品テストで検出され、再度検査を行ったところ同成分が検出された。製品に含まれる一部の素材から徐々に当該成分が遊離・溶出した可能性があると見ている。集英社では使用中止を呼びかけるとともに回収をはじめた。

女児向け雑誌ふろくに発がん性物質 「りぼん」のふろくの「シャイニーネイルカラー」。使用を中止してください

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声