ニュース
» 2016年02月19日 12時17分 公開

CGじゃん……えっ!? 自撮り!? コスプレイヤーが自宅で撮影したライトニングさんのコスプレがクオリティー高すぎ

ライトニングさん、実在したんだ。

[高城歩,ねとらぼ]

 とあるコスプレイヤーさんがTwitterに投稿した、「ファイナルファンタジーXIII」の主人公であるライトニングさんのコスプレが「CG!?」「心臓止まるくらいライトニングさん」だと話題になっています。


ライトニングさんコスプレ CGじゃないだと…… 写真提供:類さん(@louistill3)

 話題になっているのは最近主にコスプレイヤー界隈で流行っている「#自分が最大限に盛れてる自撮り写メ晒してみろよ」タグに投稿されたツイート。コスプレイヤーの類さんもこちらのタグに参加し、FF13の主人公・ライトニングのコスプレ写真を投稿したところ、CGと見紛うその超絶クオリティーに称賛のコメントが集まり、なんと記事執筆時(2月19日)までにリツイートと「いいね!」が1万越えを達成しています。

 類さんによれば、これら2枚の写真は「宅コス」(自宅でコスプレを楽しむこと)での自撮りだそうです。スタジオではなかったんですね! 確かに背景にそこはかとなく生活感が。しかし、そんなささいなことがどうでもよくなるぐらいの麗しさ。


画像 流し目ーーーーー!(拝む)

 しゅっとした面立ちにスッと通った鼻筋。もちろんもともとの顔の輪郭やパーツの美しさも生かされていることは明白ですが、目元や眉のメイクなどはキャラクターをよく研究しているのだろうなぁというコスプレイヤーならではの洞察眼や努力も垣間見えます。ウィッグに注目してみると、毛束の流れや巻き具合なども完璧……。セットにもこだわりがあるのではないでしょうか。ぶっきらぼうながら一途な一面もあり、熱いものを持っているライトニングさんを見事に再現していて、見とれてしまいますね。ライトニングさん、実在したんだ。

 科学技術が発達した現代ではキャラクターを現実世界に顕現させる方法は数あれど、自分の身体を用いて、作品やキャラクターへの愛を表現する“コスプレ”の奥深さや素晴らしさをあらためて実感しました。コスプレイヤーさんって、すごい。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ