ニュース
» 2016年02月19日 20時46分 公開

民主・福島伸享議員の「同人誌は価値がない」発言が逆の意味で拡散され炎上する事態に 本来は同人作家の権利を守る発言

インターネッツこわい。

[ねとらぼ]

 民主党・福島伸享議員が2月19日の予算委員会の中で「同人誌は価値がない」と発言したところ、その部分だけが切り取られ、「同人作家を敵に回した」と物議をかもしています。しかし該当の部分はもともと、同人作家を守る観点から発言されたもので、本来意図していたものとはまったく逆の意味で拡散されてしまう事態となっています。


画像 衆議院インターネット審議中継のアーカイブより。福島議員の答弁は5時間26分ごろから

 問題の発言があったのは、TPPと著作権についての答弁の一幕。これまで日本の著作権法では、著作権が侵害されても「実害」があった分しか保証されないため、無名の同人作家は賠償額も低く、賠償を恐れない違法ビジネスが横行してしまっている――という問題を提起する内容でした。

 該当部分の書き起こしは以下。

 例えばコミケとか同人誌というのがあります。これは無名の人ですから価値がありません。仮にこの著作権が侵害されたとして訴えたとしても、現時点の価値は低いから、安い額の損害賠償しか出ないんです。そんな安い損害賠償なら手当たり次第コミケ・同人誌を集めて、そのなかで売れたものでバンと出た時にですね、大もうけをするというビジネスができるわけです。現にそういうことが起きてるわけです。(2016年2月19日 衆議院予算委員会、福島伸享議員の発言より)


 しかし答弁後、一部のSNSユーザーやまとめサイトを通じて、この「例えばコミケとか同人誌というのがあります。これは無名の人ですから価値がありません」という部分だけが話題になり、逆の意味で拡散される事態に。ネット上ではたちまち「全同人作家を敵に回した」「こいつ同人誌の価値が低いと言いましたよ〜」など、議員への批判が集まる結果となりました。



 福島議員はその後、自身のFacebookで「一部ネットで私の発言と全く逆の趣旨の情報が巡っている」「質疑をきちんときいていただければ、ちゃんとした本質的な議論をしていることがおわかりいただけるかと思います」と投稿。本来は同人作家の権利を守るための発言であったことをあらためて強調しています。





関連キーワード

同人誌 | 賠償 | 著作権 | 国会 | 炎上 | 著作権侵害 | 民主党


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた