ニュース
» 2016年02月20日 14時53分 公開

絶滅が懸念されているインドサイの赤ちゃん、トロント動物園で誕生

インドサイは自然界におよそ2000頭しかおらず、レッドリストでは危急種となっています。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 カナダのトロント動物園で、絶滅が懸念されているインドサイの赤ちゃん(オス)が誕生しました。



 トロント動物園によればインドサイは自然界におよそ2000頭しかおらず、自然保護機関であるIUCN(国際自然保護連合)が発表する「絶滅のおそれのある種のレッドリスト」において危急種に指定されています。過去には絶滅危惧種に指定されていましたが、その後の保護活動により絶滅のリスクがやや少ない危急種になっています。


トロント動物園でインドサイ誕生 レッドリスト

 赤ちゃんを産んだのは11歳のインドサイ、アシャキラン(愛称アシャ)。生まれた後の赤ちゃんは摂食状態も健康状態もよかったようです。生まれてから30日は母子ともに重要な時期となるためマタニティエリアで慎重に見守られることとなります。


トロント動物園でインドサイ誕生 生まれた赤ちゃん


絶滅が心配されるインドサイの赤ちゃん か、かわいい...

 今回生まれた赤ちゃんは、アシャと12歳のオス、ビシュニューにとってはじめて生きて生まれた子どもだそうです。2011年にアシャは死産しており、その後妊娠はするも、長く妊娠状態が続かない状況にありました。そこでトロント動物園はシンシナティ動物園と提携し、妊娠状態が続くようにアシャにプロゲステロン(黄体ホルモン)を与えていました。


トロント動物園でインドサイが誕生 現在はマタニティエリアにいます

 トロント動物園の園長マリア・フランケさんは「トロント動物園の素晴らしいチームが大変な努力をし、献身的になってくれたことでこの意義深い赤ちゃんの誕生を迎えられた。感謝したい」と話しています。

 トロント動物園にとってインドサイの誕生はこの赤ちゃんで4回目となります。最後に生まれたのは1999年のサニャ。現在はオハイオの野生動物保護区にいるそうです。

 アシャと赤ちゃんは現在マタニティエリアにいるため、見ることはできません。

関連キーワード

赤ちゃん | 動物園 | 自然保護


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響