ニュース
» 2016年02月20日 21時39分 公開

思わずほっこり 行列ができる魚屋さんの「閉店のお知らせ」にステキなお返事張り紙が返ってきた

街の人々に愛された魚屋、有終の美

[Kikka,ねとらぼ]

 埼玉県の西川口で長年親しまれた魚屋「魚勝」が閉店する事となり、そのお知らせを掲載したところ、感謝の気持ちを伝える張り紙が返ってきたとSNSで話題です。



 58年もの間、埼玉県西川口で営業を続けてきた「魚勝」は、“新鮮さと価格で勝負”してきた街の魚屋さん。実はこちらのお店、魚屋さんというよりは刺身屋さんとして親しまれるほどの新鮮さを誇り、行列ができる店として有名でした。

 そんな「魚勝」の閉店のお知らせに、多くの人が閉店を惜しんでいました。


魚勝の閉店を知らせるお知らせ 無骨なお知らせには、哀愁が漂う(画像提供:じろうさん

 すると、2日後思わぬお返事が返ってきます。


魚勝の閉店を知らせるお知らせ 達筆な清水の次郎長からの感謝を伝える返事(画像提供:じろうさん

 お返事は以下の通り。


魚勝 様

知って居ますよ刺身の味を

百名以上並んで買った思い出も 包丁一筋半世紀

旦那が病に何度か伏しても立ち上り 包丁を又握ってくださった

魚勝の刺身は私共庶民の倖わせな味でした

店が閉じられとても悲しいです

明日も元気な夫婦 魚勝の声が聞こえてきそうな未練です

長い間の感謝に心をこめて ありがとうございました

平成二十八年二月十八日 清水の次郎長 (原文ママ)



 このやりとりを西川口でよく飲んでいるという、じろう(@iwakawakenjirou)さんがツイートしたところ、「感動した」など、2月20日現在6000リツイートを超える反響が寄せられました。

 まじめに仕事をしていることを、誰かが見てくれているかも。寒さ厳しい2月のちょっとほっこりする、いい話でした。


(Kikka)


関連キーワード

埼玉 | Twitter | SNS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた