ニュース
» 2016年02月21日 17時51分 公開

「ブラックエンジェルズ」の雪藤洋士も応援している焼きそば専門店があるらしい

公式店ではなく、オーナーと平松先生が仲良いからなのだそう。

[茂木宏美/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 JR中央線沿線での人気エリア、東京都中野区。飲み屋や飲食店が密集した繁華街としても有名な街だが、その中野に焼きそば専門店がある。オープンは2015年12月。中野ブロードウェイに平行に走る「昭和新道」の入り口にある、「中野焼きそば処 小出屋」だ。形態はテイクアウトのみという。そんな焼きそば専門店とは、いったいどんな店なのか?


画像 「昭和新道」のちょうちんの足元に店がある


画像 赤いノボリが目印

 屋台風の店構えの前には清酒のケースでこしらえたベンチが用意されていた。しかもゴミ箱も。ここで食べろというのか……? 店に近寄ってみると、食品サンプルが小から特大サイズまで並んでいる。


画像 やきそばの量が一目瞭然で分かりやすい

 そこで、一般的なサイズの並を注文。目の前でケースに盛られていく焼きそばをワクワクしながら待っていると、お兄さんのTシャツに目が止まった。誰かいる!?


画像 盛りっぷりは豪快!


画像 後ろに描かれてるのは!?

 それは平松伸二先生の「ブラックエンジェルズ」の主人公・雪藤洋士だった。ということは、漫画とコラボレーションした焼きそばなのか? 尋ねると、オーナーが平松先生と仲良くさせてもらっているそうだ。もともと、店名を書いてもらっていたところに、漫画の中でさまざまな職業に就く雪藤がこの店にいてもいいのではないかという話になり、描いてくれたとのことだった。


画像画像 勢いのある字が店の雰囲気とマッチ

 それならば、もっとよく見せてもらおうと店員さんに並んでもらった。


画像 まずは前面


画像 そして後ろ。雪藤がズラリ

 こちらの要望に期待通りに答えてくれた皆さんはノリがいい。それもそのはず、スタッフは役者や音楽家などのアーティストで構成されているというのだ。だから店内には「本日の出演者」の文字が掲げられていたのかと心の中で一人納得していたが、よく見るとそこに彼らの名前はなく、食品の名前。なぜだろう?


画像 ダンボールを切って張っているところがシブい

 ここで扱う食材はすべて国産。桜エビや青のり、紅しょうがまでもすべて日本国内で採れたものだそう。その証がそこにあるというわけだ。そして、この前に位置する鉄板が舞台。焼きそばを焼く一場面は、食材と彼らが一緒にステージに立っている時間なのだとか。


画像 お願いするとコントのような芝居も演じてくれるかも

 では、そんな厳選素材で作る焼きそばはどんなものなのか? カツオ中心のダシ粉で焼いた麺に、ダシを効かせたオリジナルソースを絡め、風味豊かな奥深い味に仕上げている。もちもちとした麺と大きめ野菜が入り、食べ応えも十分。そのため、女性からの要望で小サイズを作ったという。


画像 ダシからすべて国産の厳選素材で作った焼きそばを召し上がれ!

 サイズの比較をさせてもらうと、特大はファミリー向けかもしれない。しかし、焼きそばで4サイズを提供しているというのも珍しい。


画像 お腹の具合を考えて注文することをおすすめする

 ポイントはこれだけではない。からし、わさび、柚子こしょうと、マヨネーズの種類も豊富なトッピングは無料。そのほか、玉子と温泉玉子も54円でつけられる。ソース味をもっとプラスしたいときは追いソースをもらえば、自分の好きな味に仕上げることも可能だ。


画像 無料トッピングは8種類


画像 玉子には追いソースを数滴垂らすと味わいがアップ

 懐かしい雰囲気をかもし出す焼きそば専門店の小出屋さん。焼きそばといい、スタッフといい、さまざまな場所に手の込んだ仕掛けが施され、食べる楽しみを深めている気がした。最後に店員の皆さんに例のポーズを取ってもらい、店と焼きそばを心ゆくまで味わわせてもらった。


画像 みなさんの腕前はオーナー仕込みで一流。左からキヨキさん、店長の内海さん、藤波さん、筋肉(笑)

(茂木宏美/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響