ニュース
» 2016年02月21日 22時00分 公開

若者の新聞離れが深刻化、生活は朝型へシフト NHK放送文化研究所の調査で明らかに

寝ている時間は世代間で差が大きいもよう。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 NHK放送文化研究所が、「2015年国民生活時間調査報告書」を発表。若年層における新聞を読む割合が減少したことや、国民全体で「朝型」の生活をする割合が高まっている傾向にあることなどが明らかになりました。


国民生活時間調査報告書 新聞の行為者率

 新聞に関する調査では、国民全体で新聞を読む割合が平日と日曜で33%、土曜は35%と、どの曜日でも過去の調査結果とくらべて減少が続いています。特に若年層の新聞離れは深刻で、新聞を読む割合が男性20代で平日・土曜8%、日曜7%、女性20代で平日3%、土曜0%、日曜2%となっています。職業別の新聞を読む割合では、農林漁業者と主婦、無職が他とくらべて高くなっています。


若者の新聞離れ 新聞の行為者率変化

 その他睡眠に関する調査では、2010年とくらべて平日は22時〜24時、土曜は22時〜22時30分、日曜は22時〜22時30分と23時〜23時30分に寝ている人が増え、就寝が平日、土曜、日曜すべてにおいて早まっています。朝をみてみると、2010年とくらべて平日は5時〜7時15分、日曜は7時〜7時30分に寝ている人が減り、平日は2005年から、日曜は2000年から早起きの傾向に進みつつあります。早寝早起きで、より「朝型」な生活をする傾向にあるのかもしれません。


国民は朝型に 朝型の傾向が

 寝ている時間は世代間で差が大きく、男70歳以上の半数以上が寝ている時刻は22時、女70歳以上のそれは22時30分の一方、男女20代では半数以上が寝ている時刻は0時となっています。


文研調査で朝型の傾向 世代ごとに寝ている時間に大きな差

 調査は全国10歳以上の国民を住民基本台帳から層化無作為2段抽出した1万2600人を対象に実施し、有効調査相手数は7882人(62.6%)でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる