ニュース
» 2016年02月24日 18時44分 公開

「春のパンまつりは好景気をもたらすためフランスでも有名」とネットでうわさに 現地「聞いたことがない」

「ヤマザキ春のパンまつり」がフランスでも有名だというTwitterのうわさについて山崎製パンに確認したところ、ほぼデマであることが判明。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 山崎製パンが毎春開催している「ヤマザキ春のパンまつり」。パン商品についたポイントを集めると白いお皿がもらえるキャンペーン企画ですが、この企画がお皿の生産地であるフランスの町に好景気をもたらすため「フランスでも有名」だといううわさが、Twitterで話題になっています。本当だとすれば知られざる良い話ですが、真偽を疑う声も多数あるもよう。山崎製パンに事実なのか確認してみました。

ヤマザキ春のパンまつり 「ヤマザキ春のパンまつり」2016年度特設サイト

 そもそも「ヤマザキ春のパンまつり」は、「日頃のご愛顧に感謝し、パンの消費の最も多い時期に、お客様への還元するため」という目的で1981年にスタート。ポイントを集めた人に、フランスのアルクインターナショナル(旧フランス デュラン)社によるオリジナルデザインの白いお皿を1枚プレゼントする内容は当時から変わっていません。交換枚数は去年は1400万枚、累計は4億6000万枚と、長きにわたって人気な企画であることが分かります。

ヤマザキ春のパンまつり 特設サイトでは過去の「白いお皿」をエピソードともに一挙紹介

 Twitterでは2月20日、あるユーザーが「『ヤマザキ春のパン祭り』はフランスで有名らしい」とツイート。大量受注によって白いお皿を作る町は春に「好景気に沸く」ため、町民にとって喜ばしい企画として知られていると説明したもので、「意外と皿生産地でも歓迎ムードなのかww」「日本の奇祭がフランスの村を救う!」など日本のおなじみ企画が思わぬところに幸福をもたらしているエピソードとして、2万回以上リツイートされ話題となっています。


 一方で「嘘ではないか」と疑問の声も。特に注目を集めたのが、2ちゃんねるの開設者・西村博之さんがうわさについて考察したブログ記事。アルクインターナショナルは公式販売サイトで白いお皿を1枚1.7ユーロ(約200円)で売っていることを挙げ、お皿は普段から大量生産され、高価でもないことから、うわさは「作り話の可能性が高いなぁ」と言及しました。


 ツイートについて山崎製パン広報部が販売代理店を通じて現地に聞いてみたところ、「パンまつりがフランスで有名だという話は聞いたことがない」との話。「町全体が好景気に沸くというのは言い過ぎでは? 確かに、雇用を生み出すことで町に貢献していただいていることは間違いないのですが」との答えが返ってきました。うわさはデマだったようです。

 広報部は「全く予期していませんでしたので、反響の大きさに驚いております。今後もお客様に愛されるキャンペーンを目指して努力してまいります」と、うわさがどうであれ引き続き「ヤマザキ春のパンまつり」の運営に努めていくことをコメント。フランスの事情はともかく、日本で「パンで白いお皿をもらう」イベントが36年続いているという事実に変わりはありません。

 同件は「ヤマザキ春のパン祭り」の知名度の高さを表す一方、ポジティブな内容であればデマも信じられやすいというネットの情報リテラシーの課題を示すエピソードとしても見て取れます。西村博之さんは先ほどのブログ記事で、「パッと見た情報を裏取りする前に、『嘘なんじゃね?』って気づくかどうかの注意力って結構大事」「『いい話なんだから作り話でもいいんです!』みたいなのはどうなのかなぁ」と難色を示しながら、「Twitterでまことしやかに嘘をつく人って、RTされるのを見込んでる愉快犯なのかなぁ、、と想像してみたりする昨今です」と締めくくっていました。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」