ニュース
» 2016年02月27日 14時24分 公開

狂気に満ちたホラーゲーム「Year Of The Ladybug」が開発中 美しくも恐ろしいイメージアートに期待が高まる

「ホラー界に新しい風を吹かせたい」との思いから発表されたそう。

[Jun,ねとらぼ]

 コンセプトアーティストのMint Mentis氏により公開された、ホラーゲーム「Year Of The Ladybug」のコンセプトアートが狂気に満ちていると、SNSで広く話題になっています。


「Year Of The Ladybug」のトップページ 「Year Of The Ladybug」のトップページ。ロゴは漢字の「巫(かんなぎ)」をモチーフに

 あくまでコンセプトの段階であるため、本当にゲーム化されるかどうかはまだ解りませんが、Mint Mentis氏のFaceBookページによると「ホラー界に新しい風を吹かせたい」という思いで発表したとのこと。その思いが感じられるような、一連のコンセプトやビジュアル、ストーリーは、ホラーゲームファンがプレイしたくてもんどり打つほどの、衝撃的に良いでき栄えです。ホラーゲームの多くは暗闇とセットで描いたものが多いなか、こちらは明るくかつ美しくもあり、そこに恐怖と狂気がうまく練りこまれています。


プレイ画面のコンセプトアート プレイ画面のコンセプトアート。こっちみないでくださいほんとおねがいします

盆栽マン 「Bonsai Man」。ジャジーな口笛を吹きながら彷徨い、主人公を見つけると鉢から武器の「頭」を取り出して叩きつけてくる

モンスター 履き忘れ姉妹「Antler Sisters」、ライト注入の「Flash Head」、そしてセルフ口裂け女の「Pretty Nomo-San」……のもサン?!

 ゲームコンセプトは三人称視点のサバイバルホラー、主な舞台は近未来の病院です。院内では銃は一般的でなく、弾数にも限りがあるため、接近戦用武器がメインとなります。それぞれの武器には固有スキルがあり、段階的にアンロックして強化していく方式です。特定の武器は、さまざまな部品を組み合わせてアップグレードすることができます。


BloodySurgeon 武器のひとつであるBloodySurgeon。病院らしくメスを束ねた強化ナイフ 

 コンセプトアートやゲームコンセプトだけでなく、ストーリーも多くの時間を費やして練り上げているようで、実現すれば素晴らしいゲームに仕上がりそうです。発売日、対応ハードなどはまだ不明ですが、サイトも順次アップデートしていくとのことで、今後の進展から目を離せません。


(Jun)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた