ニュース
» 2016年03月06日 15時28分 公開

イスラエルの立小便防止策=「立小便姿をYouTubeに投稿」からさらに斜め上に進化

タマヒュン不可避の強硬手段も。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 主にIT分野において新しいビジネスモデルを立ち上げることを「スタートアップ」といいますが、実は隠れたスタートアップ大国として注目されているのがイスラエル。そのイスラエルのスタートアップ事情を伝える本「START-UP NATION」(邦題「アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?」ダイヤモンド社)のFacebookで、スタートアップ大国ならではの“立小便防止策”が紹介されています。


 日本だと、鳥居の絵を使ってこうした行為を防ごうとするものですが、イスラエルのこの看板を見ると、「1:立小便すると→ 2:監視ビデオで撮って→ 3:YouTubeに投稿するぞ」という一罰百戒方式で警告。投稿者がこの写真とともに「Innovation in the Start-Up Nation.」(スタートアップ大国の技術革新)とコメントしているのが味わい深いです。

 しかし、イスラエルにはその程度ではあふれ出る尿意を抑えきれない猛者もいるようで、イスラエルに滞在しているダンサー・振付家の山田うんさんが最近Twitterに投稿した画像では、新たな看板が確認できます。

山田うんさんTwitter 無慈悲(画像提供:山田うんさん)

 お分かりいただけただろうか。YouTube看板の下の看板は以前「立小便禁止」程度のニュアンスだったのが、新たなものは「2つの玉」の隣にハサミが置かれたイラストに。これが何を意味するのか筆舌に尽くしがたいものがあります。

 これに対して、「キャン様とられるのかな」「タマヒュン」「男子気を付けて」という反応が。また、「去勢済の犬に小便させればいい」「去勢シーンがYouTubeに投稿されるのでは」といった斜め上の発想もみられました。

 ともあれ、男性の皆さんはマナーよく自制したいところですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる